【高知】明徳義塾vs高知工 「凄み」を増す明徳義塾・岸潤一郎の「ストレート」 計2試合をレポート!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.09.18

【試合写真:明徳義塾・岸潤一郎(明徳義塾vs高知工)】

【高知】明徳義塾vs高知工 「凄み」を増す明徳義塾・岸潤一郎の「ストレート」

 「突き刺さる」。この表現しか思い浮かばないほど明徳義塾岸 潤一郎(2年)のストレートは凄みを増している。
 2番手の右サイド・壷井 涼介(2年)からは代打陣を中心に4安打1得点を奪うなど、スイング軌道の確かさには定評のある高知工業打線に対し4回で奪った三振数は「11」。先頭打者の山﨑遵右翼手を二塁ゴロに討ち取った後は1死球・1安打をはさみ全て三振。その伸びはもはや高校生の域ではない。安樂 智大済美2年)の現状と比較しても、質でいえば岸の方が上と断言できる。(続きを読む)


観戦記事(9月16日)
第66回秋季四国地区高等学校野球高知県予選 2回戦 高知中央vs中村

高知中央、落ち着き払って明徳義塾への挑戦権獲得!

観戦記事(9月16日)
第66回秋季四国地区高等学校野球高知県予選 2回戦 明徳義塾vs高知工

「凄み」を増す明徳義塾・岸潤一郎の「ストレート」

【高校野球ドットコム編集部】
ドットコムTwitter
ドットコムfacebook

コメントを投稿する

次の記事:
高校野球の応援マナーにもフェアプレイの精神
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る