2016年09月27日 山日YBS球場

山梨学院vs日大明誠

2016年秋の大会 秋季山梨県大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

初球からフルスイング。強気な攻めの姿勢貫く

山梨学院・宮内大河

 9月27日、甲府市の山日YBS球場で、第69回秋季関東高校野球山梨大会準々決勝の2試合が行われた。1試合目は、今夏、5年ぶりの甲子園出場を果たした山梨学院が、日大明誠との対戦に臨んだ。

 最初に登板したのは、山梨学院の左腕・宮内 大河。安定した投球で初回を無失点で締めくくると、1回裏、1番・広瀬が初球を的確に捉え、センター前ヒットで出塁。盗塁でチャンスを広げると、4番・小林のヒットで先制。

 しかし、2回以降は両チームとも好機を生かせず、無得点のまま迎えた5回裏、四球で押し出しの1点を獲得した山梨学院は、6回裏に継投した日大明誠・内藤のボールに即座に反応して、9番・小澤と3番・関口がヒットで出塁。二死一、二塁のチャンスにまたもや4番・小林がタイムリーヒットで1点を追加。

 6回から登板した山梨学院の左腕・吉松 塁は、今夏、甲子園のマウンドを経験し、急成長を遂げている。今大会はエースナンバーを背負っており、130キロを超えるストレートに変化球を織り交ぜ、日大明誠打線を翻弄。安定した投球で3イニングを無失点に抑える。対する日大明誠の内藤も7回裏は山梨学院の強力打線を三者凡退に抑えるなど好投を続けてきたが、8回裏、9番・小澤、1番・広瀬、2番・松尾とたて続けにヒットを浴びて、追加点を許す。

 9回には山梨学院の右腕・栗尾 勇摩も登板。日大明誠打線を三者凡退に抑え、山梨学院は宮内、吉松、栗尾の継投策で完封勝利を飾った。投手だけでなく、1番・広瀬や4番・小林など、甲子園経験者が多く残る山梨学院。新チームになっても、初球からフルスイングしていく攻めの姿勢は健在だ。しかし、今回はヒット14本という数字に対して得点が少なく、残塁の多さが悔やまれる一戦となった。10月1日に行われる準決勝の対日本航空戦では、好機を得点につなげるバッティングに期待したい。

注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏代表の山梨学院、東海大甲府などが3回戦を突破!【秋季山梨県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
徳島・高知の2017~2018シーズンを振り返る!「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県 【ニュース - コラム】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第24回 山梨学院高等学校(山梨)【3年連続8回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
高知商vs山梨学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第745回 【2日目見所】16年覇者・作新学院、選抜覇者・大阪桐蔭が対戦!北海道勢は2校が登場!【大会展望・総括コラム】
第741回 ミレニアム世代の有力野手が一挙集結!大会を沸かせるバッターたち【大会展望・総括コラム】
第744回 記念大会は3学年で実力派が集結!甲子園を沸かせる剛腕たち(投手編)【大会展望・総括コラム】
日大三vs山梨学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
明秀学園日立vs山梨学院【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
前橋育英vs山梨学院【第99回全国高等学校野球選手権大会】
健大高崎vs山梨学院【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
日大明誠 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】
第69回秋季関東地区高校野球山梨県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

山梨県地域応援スポンサー

山梨県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る