2010年07月27日 西京スタジアム

南陽工vs防府

2010年夏の大会 第92回山口大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

南陽工優勝!

岩本が帰ってくる!南陽工が本命のプレッシャーを退けて優勝

 南陽工が4年ぶり3回目の甲子園を勝ち取った。プロ注目のエース・岩本 輝投手(3年)が本調子ではない中、防府打線を3安打に抑え込んだ。打っても、延長10回に勝ち越しタイムリー。昨年センバツ8強の立役者となった岩本が、一回り大きくなって甲子園へ帰ってくる。

 試合は岩本の8連続ボールから始まった。「1球もストライクが入らなくてあせった」。連続四球で無死一、二塁。併殺崩れの間に先制を許した。さらに5回にも1失点。味方打線は防府の左腕・田辺隼人投手(3年)のカーブとストレートの緩急に惑わされ、フライアウトの山を築いていた。
岩本について山崎康浩監督は「緊張もあったかもしれないけど、アップ不足(心身両面)でしょう。途中から急に力を入れてきた。やればできるのに、やらないのはダメ」と厳しい口調だ。
6回に同点に追いつくと、「これで勝てると思った」岩本はエンジン全開。その裏を3者連続三振に斬るなど、見違えるようなピッチングを見せる。そして10回、2死三塁で岩本自ら決勝の左中間ツーベース。直前の打者が併殺打に終わっているだけに「気持ちだけで打席に入った」。

山崎監督は「大会前からプレッシャーがあった」と、静まり返った球場で声を絞り出した。昨年センバツでベスト8。以降、常に県の本命と言われながら夏、秋と早々に敗退。
「力がありながら、なかなか勝てず、私自身野球が嫌になることもありました」。
この冬は、選手たちの自覚を促すために、いまだかつてない練習メニューを作ったという。グラウンドの掲示板には、昨年夏に3回戦で防府商に敗れた新聞記事を貼りっぱなしにした。

 夏の大会は、運命めいたものになる。
1回戦の相手は、防府商。準々決勝の下関中央工は山崎監督の前任校。準決勝の高川学園は、かつて練習方法などを学んだ中野泰造監督(東亜大野球部元監督)が率いるチームだ。結果こそ快勝に見えるが、さまざまな思惑があった。

 そして、防府。昨秋の地区大会1回戦、つまり新チーム最初の公式戦で1-2で涙を飲んだ相手である。「秋こそと思って臨んだのに…。ショックは大きかった」(岩本)。防府はそのまま中国大会にも出場し、21世紀枠最終候補にまで残った。防府市と南陽工のある周南市は隣り同士。岩本や目代新遊撃手(主将・3年)と、防府の水野恵介捕手(3年)は防府市立桑山(くわのやま)中学でチームメイトだった。だから人一倍、防府に負けたことが悔しかった。試合後、目代は「いい試合ができてありがとうと言いたいです」と締めくくっている。整列して握手を交わすシーンは、心から健闘し合っているのが伝わってきた。

 「こういう厳しい展開でも、ひっくり返す力がないと甲子園では通用しない。甲子園でも接戦をモノにしたいが、まだまだ甘い部分があります」。

チームは短期間の合宿を行い、甲子園入りする予定だ。

(文=矢島 彩




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
本日発表日!選抜候補全131校を振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
選抜出場候補131校決まる 【ニュース - 高校野球関連】
第81回 決勝進出校が、都合8度という山口県のしぶとさ【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第654回 宇部工が42年ぶりの春制覇で幕を閉じた春季山口県大会を徹底総括!【大会展望・総括コラム】
第29回 決勝進出校が、都合8度という山口県のしぶとさ【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第325回 【山口展望】秋春優勝の早鞆は1967年以来の夏の甲子園を実現できるか?追う各校の強豪たち【大会展望・総括コラム】
第31回 山口県桜ケ丘高等学校(山口)【僕らの熱い夏2016】
秀岳館vs南陽工【第88回選抜高等学校野球大会】
南陽工vs市立和歌山【第88回選抜高等学校野球大会】
創志学園vs南陽工【2015年秋の大会 第125回(平成27年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
早鞆vs南陽工【2011年秋の大会 第117回中国地区高校野球大会】
中京大中京(愛知)vs南陽工(山口)【2010年夏の大会 第92回全国高校野球選手権大会】
南陽工 【高校別データ】
防府 【高校別データ】
第92回山口県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

山口県地域応援スポンサー

山口県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る