鶴岡東が絶体絶命の9回に5点を入れて勝利

 王者の鶴岡東と、昨秋の3位・米沢中央の一戦。鶴岡東が2点のビハインドを9回にひっくり返し、米沢中央を下した。

 1回表、先攻の鶴岡東は2死から3番・柿崎 航が遊撃手の失策で出塁すると、ボークで二塁に進んだ。4番・阿部 大がレフトへヒットを放ち、二走・柿崎が先制のホームを踏んだ。3回表には1死から4番・阿部が死球を受け、5番・安食 幹太が四球。1死一、二塁で6番・丸山 大が投ゴロを打ち、ゲッツーかと思われたが、1−6と渡って、遊撃手が一塁へ悪送球。この間に二走・阿部がホームを踏み、2点目を入れた。

 鶴岡東の先発はエース左腕・福谷 優弥米沢中央は1、2回裏をゼロに抑えられていたが、3回裏、2死から9番・遠藤 悠吏が左中間へ二塁打を放つ。さらに暴投で三進すると、1番・秋葉 竜志がライトに同点打を放ち、2番・木村 尚希がレフトへ安打を放つと、左翼手が失策。一走・秋葉が本塁を突いて逆転。さらに3番・杉山 諒が振り逃げ。捕手が後逸し、一塁に送球したがセーフ。三走・木村はホームを踏んでおり、追加点を奪った形になった。

 さらに4回裏、米沢中央がリードを広げる。この回、先頭の6番・金 恭平が投ゴロを打ったが、ボテボテの当りに鶴岡東が失策。さらに7番・菊地 雅也がセカンド内野安打で続く。無死一、二塁で8番・平 純也が犠打を決めると、9番・遠藤がセンターに2点タイムリーヒットを放った。

 鶴岡東は得点した3回も含め、6回まで米沢中央のエース・平からヒットを打てず、7回までゼロ行進。優勝の鶴岡東がピンチに追い込まれ、球場内は「米沢中央が勝つのか」という雰囲気になっていった。

 そんな中、8回表、鶴岡東は二死一、三塁で1番・田辺 和がショートの横を抜けるレフト前タイムリーを放ち、1点を返した。それでも、5対3で米沢中央がリードをしている。

 追い込まれた鶴岡東だったが、9回表、この回、先頭の4番・阿部がセンター前ヒットで出塁すると、5番・安食の打球は右中間を割った。一走・阿部がホームイン。1点差に迫った。ここで米沢中央はエース・平から髙橋 蓮斗に投手交代。代打・小砂川 辰哉が四球を選ぶと、7番・黒川 大翔が犠打を決めて一死二、三塁とした。8番・竹本 大輝は三遊間を抜くレフト前ヒットを放ち、三走・安食に続いて二走・小砂川もホームに還り、逆転した。なおも、一死一、二塁で1番・田辺が左翼線に安打を放ち、二塁から竹本が、一塁から松崎 祥弥がホームイン。点差を広げた。

 9回裏に入る時、鶴岡東の主将で遊撃手の安食が足をつったようで中断されたが、集中力を切らさなかった鶴岡東ナイン。8回から登板し、好投する松崎が空振り三振、セカンドゴロと抑え、最後は外角低めの直球で見逃し三振を奪ってゲームセット。2点をリードされた土壇場の9回に5点を入れた鶴岡東王者の意地を見せた。

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・山形県の関連コラムを一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会