山形中央が羽黒を下して準々決勝へ

 山形県野球場では、2試合が行われた。1試合目は2回戦で山本学園を下した鶴岡南置賜農を下し、4回戦進出を決めた。試合中、激しい雨による中断があり、2試合目は当初の予定より1時間半遅い14時にプレーボールとなった。

 先攻は山形中央羽黒の先発はエース・中鉢圭太。1番・佐藤 心晴は内角高めに空振り三振。左打者の2番・高橋 隆生は流し打ってレフトへのヒットで出塁したが、けん制に飛び出しアウト。3番・高橋 稜佑は空振り三振で初回の攻撃を終えた。

 その裏、山形中央の先発は2年生左腕・佐藤 僚亮。1番・田村迅に死球を与えると、2番・園部成粋の犠打で1死2塁。さらに3番・松本 源にも死球を与え、走者をためたが、4番・伊藤 匠をショートフライ、5番・中鉢から三振を奪って乗り切った。

 山形中央2回の攻撃では、2死から6番・高橋 和希がセンターへのヒットで出塁し、7番・中村 颯もライトへのヒットを放った。二塁を狙った中村だったが、9→5→4で二塁タッチアウト。3回にも走者をためたが、得点に結びつけることはできなかった。

 先発・佐藤は味方の攻守に支えられ、2、3回をピシャリ。そして、4回。山形中央は4番・青木 陸がレフトへのヒットを放つと、5番・永井 大地の犠打で二塁へ進むと、6番・高橋和の深いセンターフライで三塁へ。7番・中村の打球はピッチャーの足元を抜けてセンターへ転がり、青木が先制のホームを踏んだ。さらに5回には相手のミスに乗じて1点を加えた。

 その裏、山形中央の先発・佐藤僚は先頭に四球を与えたが、犠打とショートファウルフライに打ち取って2死2塁とした。この時、山形中央ベンチで庄司秀幸監督がエース・石川直也に何やら話をしていたのが見えた。そして、2死となったところで、石川がマウンドへ。佐藤僚は、四死球は4つだったが、無安打に抑え、先輩にマウンドを譲った。

 石川の登場に、スカウトもビデオカメラを回し始める。石川は2死2塁で羽黒の1番・田村をセンターフライに打ち取ると、6回には三者連続三振。7回には二塁打を浴び、エラーも絡んで無死3塁とピンチを背負ったが、後続を打ち取って難を凌いだ。

 2対0で進んでいた試合は8回表、1死からヒットと死球で走者をため、犠打で2死2、3塁とし、石川がセンターへ2点タイムリーを放った。点差を広げた8回裏の先頭に、石川はこの日最速の143キロで空振り三振を奪った。9回には3本のヒットを許して1点を失ったが、最後は138キロの内角直球で見逃し三振。山形中央は3回戦を突破し、準々決勝へ駒を進めた。

 山形の準々決勝は次の通り。

 日大山形×酒田光陵酒田南×山形城北鶴岡南×山形中央鶴岡東×長井

(文=高橋 昌江