2011年07月16日 和歌山県営紀三井寺野球場

智辯和歌山vs新宮

2011年夏の大会 第93回和歌山大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

高嶋監督の激が飛ぶ智弁和歌山ベンチ

欠如

 「まあ、こんなものでしょう」。
試合後のインタビューに応えた智辯和歌山・高嶋仁監督の口調は絞り出すような感じだった。
『初戦の硬さ』『強化練習による体力的な疲労』など複数の要因はあったのかもしれない。しかし、それとは違う何かしらの違和感を覚えた智辯和歌山の初戦だった。

スコアブックを見つめ直して試合を一から振り返ってみて感じたのは、〝一球に対する執着心〝が欠けていたのでは?ということ。

「キャッチャーですね。あんなに変化球を使っていては・・・」。
指揮官が名指ししたのは捕手の道端 俊輔(3年)。言うまでもなく智辯和歌山で最も経験のある選手だ。変化球の多い配球については、道端にも考えがあるようでここでは書かない。

ただ気になったのは後逸(記録は暴投)が3回あったこと。

これまでも重要な場面で道端が後ろに逸らす場面は何度かあったが、この日はどこか違って見えた。
前半に一度逸らしたのを引きずったのかもしれないが、明らかに彼らしくない部分が多かった。

特に大きなポイントに見えたのが。4回の2度目の後逸。この時、投手は2番手の土井健太郎(2年)に代わったばかりだった。
土井は夏の大会初めてのベンチ入りした下級生。その代わりっぱなに後ろに逸らす。
これでは、初登板で緊張する下級生投手はますます硬くなり、一つ間違えば投手が自信を無くしかねない。
経験豊富な捕手の役割の中には、経験のない下級生を育てることも含まれる。
夏独特の硬さがあったとはいえ、やはりどこかおかしかった。

【次のページ】 智辯和歌山vs新宮(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
智辯和歌山と市立和歌山の双璧を崩すのはどこ?春の和歌山県大会の見どころ! 【ニュース - コラム】
第879回 智辯和歌山、市立和歌山の2強に割って入る台風の目は?春季和歌山県大会の展望を考察!【大会展望・総括コラム】
長距離打者は明暗がハッキリ!?期待のスラッガーの実力値を考察! 【ニュース - コラム】
第204回 石川昂弥、黒川史陽などスラッガータイプの実力は?逸材野手たちを徹底考察!【後編】【ドラフト特集コラム】
第203回 木製バットを握った野手陣の実力は?強肩捕手、逸材遊撃手たちを考察!【前編】【ドラフト特集コラム】
第869回 平成最後のセンバツ 高校野球ドットコムが選ぶベストナイン!【大会展望・総括コラム】
第15回 攻撃的な守備は丁寧さがあって成り立つ。甲子園を魅了したショートストップ・西川晋太郎の意識改革【センバツ2019】
明石商vs智辯和歌山 2【第91回選抜高等学校野球大会】
明石商vs智辯和歌山【第91回選抜高等学校野球大会】
智辯和歌山vs啓新【第91回選抜高等学校野球大会】
智辯和歌山vs熊本西 2【第91回選抜高等学校野球大会】
智辯和歌山vs熊本西【第91回選抜高等学校野球大会】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
第869回 「自己否定」と向き合い続けた江原佑哉(筑陽学園)の主将力 【2019年インタビュー】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
第804回 大阪桐蔭撃破のキーマン・東妻純平(智辯和歌山)細やかな準備が勝利を呼ぶ ! 【2018年インタビュー】
第744回 楽しさと辛さの両方を味わいながら甲子園準優勝! MIZUNO 田林正行さんが語る高校野球への想い【後編】 【2018年インタビュー】
新宮 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

和歌山県地域応援スポンサー

和歌山県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る