2011年04月25日 和歌山県営紀三井寺野球場

智辯和歌山vs近大新宮

2011年春季大会 和歌山県大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

大倉卓也(智弁和歌山)

再出発の春、1年生驚愕のプレー!

 選抜大会でベスト8の智辯和歌山。投手陣は先発の古田 恭平(3年)と6回途中からリリーフした蔭地野 正起(2年)の2人で4安打1失点と危なげなかった。
上野山 奨真青木 勇人宮川 祐輝(いずれも3年)が三枚看板を形成する投手陣。高嶋仁監督は、「(これらに次ぐ)投手に経験を積ませたい」とこの春の大会の方針を語った。
一方の野手陣は、この日のスタメンを見ると大幅に入れ替えている。
「一度チームをバラして、組み替えている」と現段階を説明する指揮官。4番打者でもあった、宮川をスタメンから外してことについても、「投げてもらうこともあるし、4番安泰ではない」と高嶋監督は付け加えた。

スタメンに見慣れない名前もあった。2番打者として起用された大倉卓也。この春に入学した1年生だ。この日はショートで起用されていたが、高嶋監督は「サードやセカンドでも使ってみたい」と早くも期待度を話す。

その大倉だが、1年生とは思えないようなプレーが7回にあった。場面は1死1、2塁。近大新宮の7番福田雷人(3年)が放った打球は小フライとなって大倉の前へ。大倉はフライをあえて捕らずに、ワンバウンドしてからセカンドベースに投げて離塁した二塁走者にタッチした。
この場面では微妙な打球ながら、インフィールドフライは成立している。球審は宣告していたが、フィールド内の選手がどこまで気がついていたかはわからない。
それでも宣告された以上、打者はアウト。ならば、あえてフライを捕球する必要もないのだ。ネット裏で観戦していた、次の試合の関係者もビックリするようなプレーを見せた1年生。

【次のページ】 智辯和歌山vs近大新宮(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
智辯和歌山と市立和歌山の双璧を崩すのはどこ?春の和歌山県大会の見どころ! 【ニュース - コラム】
第879回 智辯和歌山、市立和歌山の2強に割って入る台風の目は?春季和歌山県大会の展望を考察!【大会展望・総括コラム】
長距離打者は明暗がハッキリ!?期待のスラッガーの実力値を考察! 【ニュース - コラム】
第204回 石川昂弥、黒川史陽などスラッガータイプの実力は?逸材野手たちを徹底考察!【後編】【ドラフト特集コラム】
第203回 木製バットを握った野手陣の実力は?強肩捕手、逸材遊撃手たちを考察!【前編】【ドラフト特集コラム】
第869回 平成最後のセンバツ 高校野球ドットコムが選ぶベストナイン!【大会展望・総括コラム】
第15回 攻撃的な守備は丁寧さがあって成り立つ。甲子園を魅了したショートストップ・西川晋太郎の意識改革【センバツ2019】
明石商vs智辯和歌山 2【第91回選抜高等学校野球大会】
明石商vs智辯和歌山【第91回選抜高等学校野球大会】
智辯和歌山vs啓新【第91回選抜高等学校野球大会】
智辯和歌山vs熊本西 2【第91回選抜高等学校野球大会】
智辯和歌山vs熊本西【第91回選抜高等学校野球大会】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
第869回 「自己否定」と向き合い続けた江原佑哉(筑陽学園)の主将力 【2019年インタビュー】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
第804回 大阪桐蔭撃破のキーマン・東妻純平(智辯和歌山)細やかな準備が勝利を呼ぶ ! 【2018年インタビュー】
第744回 楽しさと辛さの両方を味わいながら甲子園準優勝! MIZUNO 田林正行さんが語る高校野球への想い【後編】 【2018年インタビュー】
近大新宮 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
春季和歌山県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

和歌山県地域応援スポンサー

和歌山県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る