夏の甲子園初出場を目指す和歌山東が5回コールドで初戦突破



和歌山東先発の麻田一誠

トーナメント表
和歌山大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 和歌山大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

注目選手リスト
全国トップレベルの二刀流を擁する智辯和歌山、全国クラスの投手を擁する市立和歌山など公立校にも好選手が多数

日程・結果一覧
和歌山TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

<第104回全国高校野球選手権和歌山大会:和歌山東12-2紀北農芸(5回コールド)>◇18日◇2回戦◇紀三井寺運動公園

 今春のセンバツで甲子園初出場初勝利を挙げた和歌山東が登場。紀北農芸を相手に5回コールド勝ちを収めた。

 和歌山東は6番三塁手に谷村 剛、9番捕手に駒井 宏成と2人の1年生をスタメンに起用。春まで三塁手だった主将の此上 平羅(3年)は遊撃手に回った。

 和歌山東は1回裏、1死二塁から3番・此上の右前適時打で1点を先制。その後、暴投で1点を加えると、1死二、三塁から谷村が中越え2点適時三塁打を放つ。さらに続く7番・中川 大士(3年)の右犠飛で1点を加え、初回から5点を奪った。

「5点取れたので、その後のゲーム運びがしやすくなったと思います」と振り返った米原寿秀監督。先発を任された麻田 一誠(3年)が3回無失点と試合を作ると、その後も着実に得点を重ね、5回で試合を終わらせた。

 センバツを終えてからはチーム状態が落ち込み、春の県大会は準々決勝敗退。夏の大会はノーシードで戦うことになった。それでも6月に入ってから打撃の調子が上がり、この日も12安打12得点と打線が機能。「しっかり叩けていたと思います」と指揮官も納得の出来だった。

 センバツでは目標だったベスト8にあと1勝届かなかった。「甲子園でベスト8が目標なので、絶対に達成したいです」と意気込む此上。まずは和歌山の頂点に立ち、夏の甲子園初出場を目指す。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。