日高がセンバツ出場校の和歌山東を下す!



最後のアウトを取って喜ぶ片山将希(日高)

<春季近畿地区高校野球大会和歌山県予選:日高3-1和歌山東>◇2日◇準々決勝◇紀三井寺運動公園

 日高がセンバツ出場校の和歌山東を下して、夏のシード権を獲得した。

 日高は「守りに入ったら絶対勝てない」(出羽遼大監督)と背番号11の鈴木 蓮清(3年)を公式戦初先発に抜擢。直球の球速は120キロ前後の左腕だが、出どころが見づらい投球フォームから投じられる直球に和歌山東の各打者が苦戦し、差し込まれて凡打になるケースが目立った。

 和歌山東はエースの右横手投げの麻田 一誠(3年)が先発。調子自体は悪くなかったが、2回裏に味方の失策で先制を許すと、1死二、三塁から1番・清水 康生(3年)に右犠飛を打たれ、追加点を与えてしまう。さらに日高は5回裏に4番・伊藤 滉真(3年)の中犠飛で1点を加え、前半戦は優位に試合を進めた。

 6回まで鈴木に3安打と抑え込まれていた和歌山東は7回表に先頭の4番・野別 瑠生(3年)が中前安打で出塁。すると、ここで日高は好投の鈴木を左翼手に回し、エースナンバーの片山 将希(3年)がマウンドに上がる。

 和歌山東は野別の盗塁と途中出場の髙野 佑成(3年)の安打で無死一、三塁のチャンスを作ると、6番・尾花 直生(3年)の併殺崩れの間に1点を返す。しかし、その後は片山が踏ん張り、2点のリードを守って試合は最終回に突入した。

 自己最速を4キロ更新する139キロをマークしながらも制球に苦しんだ片山は9回表に2四球で2死一、二塁のピンチを背負う。しかし、ここで「サインミスだった」(和歌山東・米原寿秀監督)と二塁走者の此上 平羅(3年)が盗塁を試みて、三塁タッチアウト。思わぬ形の幕切れで日高が強敵相手に勝利を収めた。

 敗れた和歌山東の米原監督は、「ミスが出たら弱い」とサバサバした様子。センバツが終わってからチームの状態が上がっていなかったそうで、この日も好守で精彩を欠く場面が何度かあった。

 「夏は1年生が何人かベンチに入る。野手は入れ替えていくと思います」と話した米原監督。8回裏から捕手で出場した駒井 宏成を筆頭に有望な1年生が多く入部したこともあり、夏に向けて競争が激化しそうだ。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。