智辯和歌山が夏のシード権を獲得



智辯和歌山先発の武元一輝

<春季近畿地区高校野球大会和歌山県予選:智辯和歌山4-1田辺>◇2日◇準々決勝◇紀三井寺運動公園

 智辯和歌山田辺を下して、準決勝進出を果たした。

 智辯和歌山の先発はプロ注目右腕の武元 一輝(3年)。初回から自己最速まであと2キロと迫る146キロを計測して三者凡退と上々の立ち上がりを見せる。打線はその裏、1番・山口 滉起(3年)がレフトポール際への先頭打者本塁打で先制。2回裏には1死一、二塁から2番・多田羅 浩大(2年)の右前適時打で1点を追加する。

 田辺先発の上村 隼磨(3年)も、130キロ台中盤の速球を投げる本格派右腕として好投が期待されたが、「速いなと思う球はなかったですし、変化球も全部抜けていました」(田中格監督)と本来の調子ではなかった。

 それでも要所で踏ん張り、3回と4回は無失点。大量失点することなく、引き締まった試合を演出した。

 だが、地力で勝る智辯和歌山は5回裏にバッテリーミス、6回裏に4番・青山 達史(2年)の右犠飛で1点ずつ加え、田辺をじわりじわりと引き離していく。

 「両サイドのコントロールとテンポを意識した」という武元は7回表に1死一塁から三振で2死を取ったところで降板。6回3分の2を投げて、4安打1死球6奪三振と十分に先発の役割を果たした。

 智辯和歌山はこの場面で右横手投げの湯川 元(3年)が登板。しかし、安打と死球で満塁のピンチを招くと、押し出しの死球を与え、1死も取れずにマウンドを降りてしまう。嫌な流れの場面で智辯和歌山はエースナンバーの塩路 柊季(3年)を投入。続くピンチを三振で切り抜けると、8回、9回も無安打に抑えて田辺の反撃を封じた。

 4強入りを果たした智辯和歌山は夏のシード権を獲得。それでも「夏に向けてまだまだ課題は山積みです」と中谷仁監督の評価は厳しい。この日は13残塁でクリーンアップが無安打と決定力不足に欠いた。夏連覇に向けてまだ道半ばという印象だが、次戦までにどこまで修正することができるだろうか。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。