智辯和歌山が苦しみながらも投手戦を制す



5回裏に先制の犠飛を放った山田久敬(智辯和歌山)

<春季近畿地区高校野球和歌山県予選:智辯和歌山1-0近大新宮>◇23日◇3回戦◇田辺スポーツパーク

 昨夏の甲子園優勝校である智辯和歌山が苦しみながらも近大新宮との投手戦を制した。

 近大新宮の先発は2年生右腕の大槻虎生(2年)。「コントロールが良かったです」とスピン量の多いストレートとチェンジアップを軸に丁寧な投球で、4回までパーフェクトピッチングを続ける。長打を警戒して外野手を深めに守らせるシフトも吉と出た。智辯和歌山先発の塩路 柊季(3年)も得点圏に走者を背負う場面が何度かあったが、要所で変化球が決まり、近大新宮に得点を許さない。

 試合が動いたのは5回裏、先頭の4番・青山 達史(2年)が詰まりながらも二塁手と深く守っていた右翼手の間に落ちる二塁打でチーム初出塁を果たすと、続く5番・渡部 海(3年)も右前安打を放ち、無死一、三塁とチャンスを広げる。6番・中塚 遥翔(2年)は見逃し三振に倒れたが、一死から7番・山田 久敬(3年)が左犠飛を放ち、待望の先取点を奪った。

 先制点を取られた大槻だが、その後も集中力を切らすことなく6回1失点でマウンドを降りる。2番手で登板した岡良将(2年)も2回を無失点に抑え、1点差のまま試合は最終回に突入した。

 智辯和歌山は9回表からプロ注目の二刀流・武元 一輝(3年)が登板。諦めない近大新宮は一死から5番・大礒羽陽(2年)がレフト線に二塁打を放ち、一打同点のチャンスを作る。しかし、代打・森下来輝(2年)は空振り三振、7番・武村愼太郎(3年)は強烈なライナーを放ったが、ちょうど打球が武元のグラブに収まり、試合終了。智辯和歌山が紙一重の接戦をものにして、準々決勝進出を決めた。

「なんとか最少失点で抑えられた」と惜敗にも選手の健闘を称えた近大新宮の産屋敷秀信監督。夏はダークホース的存在として注目すべき学校になりそうだ。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。