エース米田がパーフェクトリリーフ!市立和歌山が8強入りを果たす



市立和歌山2番手の米田天翼

<春季近畿地区高校野球和歌山県予選:市立和歌山5-0南部龍神>◇23日◇3回戦◇上富田スポーツセンター

 センバツ8強の市立和歌山南部龍神を下して8強入りを決めた。

 市立和歌山はこの試合で1年生の村上 遥飛を8番遊撃手で起用。秋の大会が終わってから主将の松村 祥吾(3年)が遊撃手から捕手にコンバートされたことに伴い、内野手が手薄になっていたチーム事情もあり、「期待を込めて思い切って使ってみよう」と半田真一監督はスタメンに抜擢した。

 序盤は投手戦となる。市立和歌山は1回表に無死一、三塁といきなりチャンスを作るが、盗塁死もあり、後続が続かず無得点。南部龍神先発の酒井一翔(3年)は毎回のように走者を背負いながらもキレのある変化球を投げ込み、要所を凌ぐ。市立和歌山先発の栗谷星翔(2年)もテンポの良い投球を見せ、南部龍神に得点を与えない。

 試合が動いたのは4回表、6番・田嶋優汰(2年)の左越えソロ本塁打で市立和歌山が1点を先制する。さらに5回表には1死三塁から5番・森 大輔(3年)の内野ゴロの間に1点を追加。6回表にも1番・松村の右前適時打と3番・大池悠太(3年)の左犠飛で2点を加えた。

 4点リードの7回裏からはエースの米田 天翼(3年)が登板。センバツ準々決勝の大阪桐蔭戦以来の公式戦マウンドとなった米田は、「コントロールを意識していました」とストライクボールをスイスイと投げていく。両チームの先発も好投を見せていたが、彼の投じるボールは明らかにモノが違っていた。3回を投げて4奪三振のパーフェクトリリーフ。9回裏は三者連続三振で締めた。

 9回表に途中出場の青木瑛汰(3年)の左犠飛で1点を加えた市立和歌山が5対0で勝利。夏のシード権獲得に王手をかけた。

「クリーンナップが機能していない」と半田監督は序盤の好機を生かせなかった打撃陣を課題に挙げていたが、投手を中心としたディフェンス力の高さは健在。米田もセンバツで、疲労から大阪桐蔭戦で思うような投球ができなかった反省から、体幹を中心に体作りを見直してきた成果を感じているようだ。

 1年生ながらスタメン出場を果たした村上も安打こそなかったが、あと少しで本塁打という特大ファールを放つなど、ポテンシャルの高さを見せてくれた。守備も無難にこなせており、次戦以降も起用される可能性は十分にあるだろう。

 新戦力を試しながら夏に向けて戦力を整えている市立和歌山。全国上位レベルの結果を残しているチームだが、まだまだ強くなりそうだ。

 敗れた南部龍神も選手15人の少人数ながら強豪相手によく食らいついた。今大会は1勝することができたが、夏は更なる躍進も期待できるだろう。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。