市立和歌山がコールド勝ちでベスト4進出、小園は先発4回無四球無失点



市立和歌山先発の小園健太

 市立和歌山が5回コールド勝ちで3年ぶりのベスト4進出を果たした。

 市立和歌山はドラフト上位候補の小園 健太(3年)が先発。ここから中1日で試合が続くことも考慮し、「思い切り投げるというよりは、コントロール重視でいこうと思っていました」と制球重視の投球を見せる。1回表は先頭打者に安打を許すが、「四球でランナーを出すよりもヒットの方がまだマシだと思っていました」と動じることはなかった。この走者を捕手の松川 虎生(3年)が二塁への盗塁を刺したこともあり、立ち上がりは三人で抑える。

 対する耐久も140キロ以上の速球を投げる冷水 秀輔(3年)が先発。しかし、1回裏に一死一、三塁から一塁への牽制悪送球で先制点を許すと、2回裏には味方守備の乱れからリズムを崩して6失点。「自分のミスから点が入って、そこからチームの流れが悪くなってしまった。自分の責任だと思っています」と悔やんだ冷水は1回3分の2でまさかの降板となった。

 冷水の後を受け継いだ2番手の坂口 直杜(3年)も流れを止められない。3回裏に3番・平林 直(3年)と5番・田中 省吾(3年)にそれぞれ2点適時打を浴びて4失点。早くもコールド負け濃厚のスコアとなってしまった。

 大量援護をもらった小園は4回で降板。4安打無四球無失点の内容で、「ストライク先行で力むことなく良い脱力感で投げてくれました」と半田 真一監督の期待に応えたが、「少し球が上ずる場面がありましたし、まだまだだと思います」と本人はやや満足していない様子だった。

 5回表は江川 凌世(3年)がキッチリと3人で締めて、5回コールド勝ち。市立和歌山が難なく勝利を収めた。

 好投手を擁し、優勝候補と好勝負が期待された耐久だったが、5失策と守備が乱れ、まさかの結果となった。それでも伊原 正善監督は「だいたい負けゲームは内野のミスから負けてきたので、懸念材料が出たという形でしょうね」と潔く受け止めていた。

 勝利した市立和歌山は準決勝で高野山と対戦する。プロ注目の強打者・渡邉 大和(3年)を擁し、勢いに乗っているチームだが、自慢の投手力で封じることはできるだろうか。

(文=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。