智辯和歌山が延長13回タイブレークの激闘を制す



13回裏にサヨナラ犠飛を放った小畑虎之介(智辯和歌山)

 昨夏の独自大会決勝と同じ顔合わせとなったこの試合。智辯和歌山が延長13回タイブレークにもつれる激戦を制して、4大会連続のベスト4進出を決めた。

 先制したのは初芝橋本だった。2回表に相手の失策から二死二塁のチャンスを作る。ここで7番・池田 拓巳(1年)は空振り三振に倒れるが、そのボールがワイルドピッチとなり、二塁から井谷 匠吾(2年)が一気に生還。無安打で先制点を奪うことに成功した。

 守りでは先発の川端 一正(2年)が好投を見せる。ストレートの球速は130キロ前後だが、110キロ前後のチェンジアップで緩急を上手く使い、智辯和歌山打線を手玉に取った。

 5回を終えて1対0と智辯和歌山にとっては嫌な流れとなったが、後半に入って意地を見せる。6回裏に一死一塁から4番・徳丸 天晴(3年)が左中間に適時二塁打を放ち、同点に追いつくと、7回裏に二死二塁から2番・大仲 勝海(3年)の適時二塁打で勝ち越しに成功した。

 このまま智辯和歌山が逃げ切るかと思われたが、初芝橋本も勝利への執念を見せる。9回表一死から5番・馬場井 翔真(3年)、6番・浅井 尚典(3年)が連打を放つと、続く7番・池田の遊撃ゴロの間にそれぞれ進塁。二死二、三塁と一打逆転のチャンスを作る。

 ここで打席に立つのは8番の西谷 大那(3年)。2ボール1ストライクから智辯和歌山の2番手・伊藤 大稀(3年)が投じたワンバウンドのボールにスイングを取られるが、これが暴投となり、馬場井が生還。初芝橋本が土壇場で追いついた。

 なおも二死三塁と勝ち越しのチャンスが続いたが、西谷が空振り三振に倒れて同点止まり。その裏には二死一、二塁のピンチを招くも川端が踏ん張り、試合は延長戦に突入した。

 智辯和歌山は10回表からエースの中西 聖輝(3年)を投入。落ち着いたマウンドさばきで初芝橋本打線を封じると、川端も味方の好守に助けられながら粘りの投球を見せる。12回でも決着はつかず、無死一、二塁から始まるタイブレークにもつれ込んだ。

 13回表の初芝橋本の攻撃は3番・川端が1球で犠打を決め、一死二、三塁とするが、4番・井谷が空振り三振、5番・馬場井が一邪飛に倒れ、無得点に終わる。

 対するその裏の智辯和歌山の攻撃は6番・渡部 海(2年)が犠打で走者を進め、こちらも一死二、三塁とする。一打サヨナラの場面で打席に立ったのは途中出場の小畑 虎之介(1年)。「絶対に勝つという思いで打席に入って、気持ちで持っていきました」と2ボール2ストライクからの低めのスライダーをライト定位置までフライを打ちあげる。

 この打球で三塁走者の徳丸が本塁に突入。初芝橋本も懸命の中継プレーで本塁にボールを投じたが、返球が捕手の頭上を大きく越え、徳丸が生還。1年生のサヨナラ犠飛で智辯和歌山が死闘を制した。

 「本当に苦しい試合でした」と本音を漏らした中谷 仁監督。幾度とない好機を相手の好守に阻まれたが、最後に名門の意地を見せた。

 サヨナラ犠飛を放った小畑に関しては、「守備が上手いですし、バットコントロールも良い。足が速かったらとんでもない選手になる」と指揮官は貴重な戦力として期待している。1点リードの9回表に三塁の守備堅めとして起用されるほど、周囲からの信頼も厚い選手だ。

 甲子園まであと2勝に迫ったが、「あまり先を見すぎず、次の準決勝に臨んでいきたいです」と德丸は気を引き締める。劇的勝利の勢いを次戦に持ち越すことができるだろうか。

 惜しくも敗れはしたが、初芝橋本の健闘も見事だった。174球の熱闘を見せた川端は「良いピッチングができたと思います」と胸を張った。川端-松井大空(2年)のバッテリーに4番の井谷と軸になる選手は今後も残る。この悔しさを糧にさらに強いチームを作ってほしい。

(文=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。