シード校の和歌山東がコールドで初戦突破



3回表にソロ本塁打を放った高橋竜悟(和歌山東)

 シード校の和歌山東がコールド勝ちで初戦を突破した。

 和歌山東は2回表、相手の失策から二死二塁のチャンスを作ると、8番・松尾 桜佑(3年)の中前適時打で1点を先制する。さらに3回裏には二死から3番・高橋 竜悟(3年)が「反応で打ちました」と内角のストレートを上手く捌き、レフトへのソロ本塁打で追加点を挙げる。

 先発の田代 生成(3年)は「序盤は力んでしまって、高めに浮いたのを打たれてしまった」と2回までに3安打を許すが、3回以降は落ち着きを取り戻し、6回までの4イニングは一人も走者を出さない完璧な投球を披露。この日はスライダーのキレが良く、相手を寄せ付けない投球を見せた。

 田代は打撃でも活躍を見せる。3点リードで迎えた6回表、一死満塁の場面でレフト線に走者一掃の3点適時二塁打を放ち、試合を決定づけた。和歌山東はその後も追加点を挙げ、7回で8得点。「落ち着いて投球していたので、心配することなく見ていました」(米原寿秀監督)と田代は最後まで投げ切っての4安打完封と、盤石の試合運びを見せた和歌山東が7回コールドで勝利した。

 秋は準優勝、春は4強と県内では智辯和歌山市立和歌山に次ぐ実力校に定着している和歌山東。そろそろ甲子園初出場を成し遂げてもおかしくない。今夏の目標は甲子園8強入り。まずは準決勝まで勝ち残り、智辯和歌山市立和歌山への挑戦権を手にしたいところだ。

(文=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。