日高中津が初回のリードを守り切る



日高中津世発の佐々木啓佑

 初回にビッグイニングを作った日高中津が初戦を突破した。

 慶風は背番号8の左腕・武内 暖音(2年)を先発マウンドに送った。しかし、安打と連続四球でいきなり無死満塁のピンチを招くと、4番・原 大晟(3年)に左前適時打を浴びたところで降板。「ブルペンの投球は完璧でしたけど、場数を踏んでいないことで、緊張していたのでしょう」と慶風の築出義博監督は悔やんだ。ここでエースの川間 陸大(2年)をマウンドに送るが、日高中津の勢いを止められず、打者11人の猛攻で7失点。早くも大量リードを背負う展開となった。

 しかし、「逆転できると思っていました」と主将の谷村 星海(3年)が話すように慶風ベンチに諦めムードは全くなかった。2回以降は川間がテンポの良い投球で相手打線を封じると、2回裏に8番・隆盛 陵太郎(2年)の犠飛と相手のバッテリーミスで2点を返す。3回裏にも二死一、三塁から5番の谷本 星が左前適時打を放ち、4点差まで詰め寄った。

 追い上げムードを断ち切りたい日高中津は4回からエースの玉置 茉嵩(3年)が登板し、6回までの3イニングを無失点に抑える。その間に何とか追加点を奪いたかったが、チャンスの場面でことごとく相手の好守に阻まれ、リードを広げることができない。

 すると慶風は7回裏、二死二塁から2番・根来 慶治郎(2年)が左前適時打を放ち、3点差まで詰め寄る。終盤に入ってあわやと思わせたが、8回と9回に失点して、6点差とされてしまった。日高中津は最終回を白川 知幸(1年)が3人で締め、10対4で勝利。3回戦に駒を進めた。

 慶風は敗れはしたが、「初回以外はパーフェクト」と築出監督が話すように劣勢になっても気持ちを切らすことなく、最後まで粘り強い戦いを見せたのは称賛に値する。3年生は3人しかおらず、この経験を糧に出来れば、より強いチームが作れるだろう。

 日高中津は2回以降の攻撃に課題を残したが、終盤の加点を次戦に繋げたい。3回戦では日高との本校分校対決が実現。昨夏の独自大会でも準々決勝で対戦したが、その時は1対2で敗れている。「去年は悔しい思いをしているので、今年こそは勝てるようにしたいです」とリベンジを誓う主将の原。毎年定期戦を行っている両校の熱戦に注目だ。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。