和歌山東が初の4強進出



8回表に山下慎の適時打で生還した山﨑雄大(近大新宮)

 和歌山東が初となる春の4強入りを決めた。

 和歌山東は1回表、1番の佐々木 惇斗(3年)が初球を振り抜いて二塁打で出塁すると、2番・江川 日那太(3年)が犠打を決め、2球で一死三塁のチャンスを作る。ここで3番・高橋 竜悟(3年)がキッチリと右犠飛を放ち、幸先良く1点を先制した。

 5回表には一死二、三塁から江川の内野ゴロの間に1点を加えると、二死三塁から高橋の右前適時打で1点を追加。5回を終えて3点リードと和歌山東が試合を優位に進める。

 流れを変えたい耐久は6回からエースの冷水 秀輔(3年)を投入したが、和歌山東が代わり端を攻めて二死満塁とすると、佐々木が右前2点適時打を放ち、貴重な追加点を挙げた。

 和歌山東も5回まで粘りの投球を見せていたエースの田代 生成(3年)に代えて、背番号10の左腕・山田 健吾(2年)をマウンドに送る。

 耐久は6回裏、山田に対して一死二、三塁のチャンスを作り、4番・川合貴翔(2年)の内野ゴロの間にまずは1点を返す。さらに7回裏にも一死満塁から2番・中澤 龍二(3年)の左犠飛で1点を加え、反撃ムードを漂わせた。

 しかし、和歌山東は9回表に二死一塁から江川の適時二塁打で追加点を挙げると、山田が8、9回を無失点に抑え、耐久の反撃を振り切った。

「ゲーム運びが上手になってきた。小技もしっかりできて、攻撃は落ち着いてできるようになりました」と話す和歌山東の米原寿秀監督。秋の近畿大会初戦ではあと一本が出ずに京都国際に敗れた反省から、ここ一番で結果を出すことにこだわりを持たせてきたという。この日も二死から得点を奪うケースが多く、随所に勝負強さを発揮した。

 近年は智辯和歌山市立和歌山に次ぐチームとしての地位を確立しつつある和歌山東。「目標は智辯(和歌山)さん、市高(市立和歌山)さんを倒して甲子園に出ること」(米原監督)と2強食いに意欲を見せている。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。