和歌山東が完封リレーで8強進出



勝利して校歌を歌う和歌山東の選手たち

 和歌山東有田中央を破って、ベスト8進出を決めた。

 和歌山東は1回表、1番の長島成汰(3年)が内野安打で出塁すると、盗塁と犠打で一死三塁とする。ここで3番・佐々木 惇斗(2年)が中犠飛を放ち、先制点を挙げた。

 先制点を奪われた有田中央だが、先発の矢舩叶憂也(3年)が緩急を上手く使った投球を見せ、毎回のように走者を出しながらも追加点を与えない。

 和歌山東の先発は背番号11の右横手投げ・矢島陸斗(3年)。3回まで無安打に抑える一方で3四球と制球に苦しんだ。4回裏にも先頭打者に四球を与えると、犠打で二塁に送られたところで降板。「コントロールに苦労していて、無理に引っ張る必要はないと思ったので、思い切って代えました」(米原寿秀監督)と田代 生成(2年)を2番手のマウンドに送り込んだ。一打同点のピンチでマウンドに上がった田代だが、ここは遊飛と一邪飛に打ち取り、相手に得点を許さない。

 6回まで無安打に抑えられていた有田中央は7回表に先頭の4番・村田貴弘(3年)がチーム初安打を放つと、続く松原秀都(1年)の犠打で一死二塁とする。一本ほしいところではあったが、ここで和歌山東のサインプレーによる見事な二塁牽制でアウトとなる。1点が欲しかった有田中央にとっては痛いプレーとなった。

 ピンチを凌いだ和歌山東は8回表に長島のソロ本塁打で1点を追加すると、9回表にも途中出場の銅屋亮聖(3年)と8番・麻生悠生(3年)の適時打で3点を加え、勝利を大きく引き寄せた。

 何とか意地を見せたい有田中央は9回裏、村田の安打などで一死満塁のチャンスを作る。しかし、ここも田代が右飛と一飛に打ち取り、無失点で試合を終わらせた。

 和歌山東は身長188㎝右腕の玉置 隼翔(3年)がプロ注目選手に挙がっているが、大会直前に右肘靭帯を損傷。米原監督は彼の将来性を重んじて、「この大会は出場させません」と明言している。玉置にとっては悔しい夏となったが、三塁ランナーコーチとして懸命にチームを鼓舞して、同級生や後輩の活躍をサポートしている姿が印象的だった。

 玉置は昨夏に4番一塁手として出場していたが、新チームが始まってから本格手に投手に転向。「ストレートが良い回転で140㎞/hを投げられる。高身長で手足が長い選手にしては珍しく器用で、変化球も非常に多彩です」と米原監督は潜在能力を高く評価しており、肘の回復状態によってはプロ志望届を提出する方向だという。この夏に活躍を見られないのは残念だが、卒業後の活躍に期待したい。

 準々決勝では秋に7回コールドで敗れた初芝橋本と対戦する。「同じ相手に2回負けるのは良くないと思うので、気持ちを前面に出して戦ってほしいと思います」と米原監督は選手たちの奮起に期待していた。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。