2019年09月26日 和歌山県営紀三井寺野球場

智辯和歌山vs県立和歌山商

2019年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県二次予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

智辯和歌山が髙嶋の一発などで近畿大会出場に王手



2回に3点適時二塁打を放った平田晃将(智辯和歌山)

 6季連続の甲子園出場を目指す智辯和歌山が和歌山商を下して、近畿大会出場に王手をかけた。

 試合は序盤から智辯和歌山ペースで進んだ。1回裏、1番の細川 凌平(2年)が四球で出塁すると、続く綾原 創太(2年)の2球目に盗塁を決めて、二塁に進む。ここで綾原が左前適時打を放ってまずは1点を先制。さらに二死後から5番・川上 珠嵐(2年)の左越え適時三塁打で追加点を挙げた。

 智辯和歌山は2回にも二死満塁から3番・平田 晃将(2年)の走者一掃となる中越え適時三塁打で3点を追加。さらに4番・徳丸 天晴(1年)、5番・川上にも適時打を飛び出し、県立和歌山商先発の松尾英聖(2年)をノックアウトした。

 そして3回には髙嶋仁名誉監督の孫である髙嶋 奨哉(1年)が代打で登場。3-1から和歌山商2番手左腕・宮田率生(1年)が投じた高めのストレートを振り抜き、左翼席へソロ本塁打を放った。公式戦ではこれが初本塁打。これまでも得意な左投手相手に代打起用されることが多かったようで、「いつでも打てる準備をしてきたので、良かったです。このまま打ち続けてレギュラーを掴みたいです」と笑顔で話してくれた。



代打本塁打を放った髙嶋奨哉(智辯和歌山)

 3回までに智辯和歌山が8点のリードを奪って、このままコールドで試合が決まるかと思われたが、宮田率を打ち崩せずに追加点を奪うことができない。投手陣は矢田 真那斗(2年)、大林 優平(2年)と繋いで、5回までは無失点で抑えたが、6回に登板した池田 泰騎(2年)が誤算だった。二死一、二塁から4番・宮田樹(1年)に左前適時打を浴びると、5番・池田光我(2年)、6番・加瀬田賢志郎(1年)にも適時打を許して4失点。昨秋はセンバツ出場の立役者になったが、この試合では苦戦を強いられた。

 智辯和歌山にとっては嫌な流れとなったが、7回から登板した小林 樹斗(2年)が3回を無失点に抑えて、何とか逃げ切った。序盤の先制攻撃は見事だったが、相手投手が代わってから打線が湿ったのは少し不安要素か。これから対戦相手のレベルが上がった時に対応力を発揮できるかが、センバツ出場を勝ち取れるかどうかのカギとなりそうだ。

 敗れた県立和歌山商は選手17人ながら、攻守にまとまりのある野球を見せていた。6回1/3を1失点に抑えた宮田率の好投と無失策の守備は明るい材料。春以降も上位進出の可能性を感じさせた。

(写真=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
智辯和歌山などが決勝に挑む!東海大甲府なども登場する6日の注目カード 【ニュース - 高校野球関連】
智辯和歌山vs日高【和歌山県 2020年夏の大会 高校野球和歌山大会】
2021年世代の「一好投手」から「屈指の投手」へ格上げ。最速152キロ右腕・小園健太(市立和歌山)の凄みのある投球 【ニュース - 高校野球関連】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2020年夏の大会 高校野球和歌山大会】
県立和歌山商vs紀央館【和歌山県 2020年夏の大会 高校野球和歌山大会】
第1224回 持ち味は高校生レベルを超えたスピード感あふれるプレー 巧打者・細川凌平(智辯和歌山)が掲げるビジョン 【2020年インタビュー】
第1223回 世代トップクラスの剛腕・小林樹斗(智辯和歌山)は昨夏の米子東戦以上のインパクトのある投球を見せることができるか 【2020年インタビュー】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山 【高校別データ】
県立和歌山商 【高校別データ】
令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会 県二次予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

和歌山県地域応援スポンサー

和歌山県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る