2019年09月01日 和歌山県営紀三井寺野球場

市立和歌山vs桐蔭

2019年秋季大会 和歌山県下高校野球  新人戦 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

市立和歌山が桐蔭に逆転勝利



市立和歌山先発・小園健太

 市立和歌山が苦戦を強いられながらも逆転で桐蔭を下した。

 市立和歌山の先発は背番号11の小園健太(1年)。中学時代に全国制覇の実績がある期待の本格派右腕は制球にやや不安定な面がありつつも自慢の速球で桐蔭打線を抑え込む。

 しかし、3回表に四球と失策から一死二、三塁のピンチを招くと、4番・花田実智成(2年)に右前適時打を浴びる。さらに5番・松田渉吾(1年)、6番・箕嶋陸人(2年)にも適時打を許して4失点。ここで市立和歌山はエース左腕の岩本 真之介(2年)をマウンドに送った。

 一死二塁の場面で登板した岩本は二者連続三振で後続を断ち切り、味方の反撃を待つ。市立和歌山桐蔭の先発・武田健人(2年)の威力のあるストレートの前にあと一本が出ていなかったが、4回裏に無死満塁から9番・岩本の中越え2点適時二塁打でまずは2点を返す。さらに一死二、三塁から2番・上原拓海(2年)が適時二塁打を放ち、同点に追いついた。その後、二死一、三塁となり、5番・亀井新生(1年)の左前適時打で勝ち越しに成功した。

 リードを貰った岩本は6回3分の2を投げて無安打10奪三振の好投。「完璧だった」と自負する出来で桐蔭打線を完全に封じ込めた。半田監督も「僅差でプレッシャーがかかる中でいいピッチャーだなと思いながら見ていましたね」と絶賛。最上級生となり、さらに頼もしい存在となりそうだ。

 この日の市立和歌山はスタメンに1年生が6人並ぶ若いチームだが、主将の上原は同点打を放ち、岩本が好投、壹岐有翔(2年)と瀧谷侑斎(2年)がそれぞれ3安打と2年生の活躍が目立った。経験のある2年生と力のある1年生の力が噛み合えば全国上位クラスのチームを作ることができそうだ。

 敗れた桐蔭は旧チームからエースを張る坂口健心(2年)を起用せずに戦った。その中で強豪相手に善戦できたのは今後に向けて収穫の大きい試合になったのではないだろうか。一次予選での巻き返しに期待したい。

(写真=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【2020選抜】名門校ずらり!代表校決定直前に過去5年の近畿地区”残り2枠”を振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
高校、大学合わせて8名の日本代表を含め73名が学生野球表彰選手に受賞! 【ニュース - 高校野球関連】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs立命館守山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第629回 第3勢力として2強の壁に風穴を開けろ!初の甲子園への道を切り開く和歌山東(和歌山)【後編】【野球部訪問】
第201回 夏はこのスーパー1年生たちに注目だ!厳選リスト25名!【ドラフト特集コラム】
桐蔭 【高校別データ】
市立和歌山 【高校別データ】
令和元年度 県下高校野球  新人戦 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

和歌山県地域応援スポンサー

和歌山県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る