2018年10月02日 和歌山県営紀三井寺野球場

智辯和歌山vs桐蔭

2018年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県二次予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

智辯和歌山が貫録の5回コールド



4打数4安打の活躍を見せた細川凌平(智辯和歌山)

 4季連続の甲子園出場を目指す智辯和歌山が投打で桐蔭を圧倒し、5回コールドで準決勝進出を決めた。

 智辯和歌山の先発は背番号11の左腕・池田 泰騎(1年)。1回表は遊撃手の西川 晋太郎(2年)の好守に助けられ3つのアウトを全て遊撃ゴロで奪う。

 1回裏の智辯和歌山の攻撃は桐蔭先発の阪口健心(1年)に対して1番の細川 凌平(1年)が左前安打で出塁。続く2番の西川が左線適時二塁打を放ち、打者二人で先制点を奪った。

 3回裏には二死二塁から4番・東妻 純平(2年)の左前適時打で1点を追加すると、なおも二塁のチャンスで5番・根来 塁(2年)が遊撃手のグラブを弾く内野安打を放ち、二塁走者の東妻が生還。リードを3点に広げ、試合を優位に進める。

 これで勢いに乗った智辯和歌山は続く4回裏、一死一、三塁から2番・西川の右越え適時二塁打で1点を追加。さらに続く3番・黒川 史陽(2年)の中犠飛で追加点を挙げる。なおも二死三塁とチャンスは続き、4番・東妻が左中間に2ラン本塁打を放ち、リードを7点に広げた。

 4回まで大量リードを許し、一人の走者も出せていない桐蔭は5回表に先頭の4番・水谷優太(2年)がチーム初安打となる右前安打を放つ。しかし、後続が続くことができず、反撃のきっかけを作るまでとはいかない。

 流れを変えたい桐蔭は5回裏から坂口に代えて右下手投げの森下叶夢(1年)をマウンドに送る。それでも智辯和歌山は一死から4連打で2点を追加すると、森下をマウンドから引きずり下ろし、桐蔭は竹田健人(1年)をマウンドに送り込む。

 9点差の一死一、三塁とコールド負けの危機で登板した竹田は2番の西川を二塁ゴロで打ち取り、二死二、三塁で3番・黒川との勝負となる。しかし、黒川に対する初球が暴投となり、三塁走者の久保 亮弥(2年)が生還。10点差となり、この時点でコールが成立した。

 智辯和歌山は西川や東妻など甲子園経験組が頼もしさを見せた一方で池田泰が1安打無失点の好投を見せるなど新戦力の台頭も目立った。黒川率いる新チームも力的には全国上位を十分に狙えるだろう。準決勝では新人戦で敗れた南部との対戦だが、自分たちの力を発揮して近畿大会出場を決めたいところだ。

 桐蔭は全てにおいて力負けしてしまった印象だが、秋に公式戦で全国トップレベルのチームと試合ができたのはいい経験になったはずだ。この経験を春以降に繋げてほしい。

(写真=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
公式練習のない近畿大会、球児のために導入を考えるべき! 【ニュース - 高校野球関連】
組み合わせ決定!大阪桐蔭、報徳学園らの初戦は?【秋季近畿大会・抽選結果】 【ニュース - 高校野球関連】
大阪桐蔭vs関大北陽【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2018年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県二次予選】
横浜vs桐蔭学園【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐蔭学園vs厚木北【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
大阪桐蔭vs済美【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
第774回 秋季和歌山大会を徹底展望、高嶋監督勇退の智辯和歌山が本命か【大会展望・総括コラム】
伝統を守りつつ時代とともに進化する、智辯和歌山に導入された野球ノートの中身とは?【現地記者の高校野球取材ノート】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
第744回 楽しさと辛さの両方を味わいながら甲子園準優勝! MIZUNO 田林正行さんが語る高校野球への想い【後編】 【2018年インタビュー】
第743回 無名球児から夏の甲子園準優勝投手へ! MIZUNO 田林正行さん(智辯和歌山出身)はいかにしてエースになったのか【前編】 【2018年インタビュー】
第32回 智辯和歌山高等学校(和歌山)【2年連続23回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第734回 黒川史陽(智辯和歌山)「驚異の勝負強さで選抜準優勝に貢献!目指すは西川遥輝」 【2018年インタビュー】
第732回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第609回 池田 陽佑(智辯和歌山)「新戦力登場!目指すは2年夏までに145キロ」 【2017年インタビュー】
智辯和歌山 【高校別データ】
桐蔭 【高校別データ】
平成30年度 秋季近畿地区高等学校野球大会  県二次予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

和歌山県地域応援スポンサー

和歌山県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る