2018年05月06日 和歌山県営紀三井寺野球場

初芝橋本vs日高中津

2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

粘りの継投を見せた初芝橋本がサヨナラ勝ち



9階にヒットを放ち、ガッツポーズする氏田(初芝橋本)
 

 秋準優勝の日高中津と夏の大会初シードを目指す初芝橋本の一戦。息詰まる投手戦となったが、最後は初芝橋本がサヨナラで試合を決めた。

 

 初芝橋本の先発は湯川(3年)。初回から二死満塁のピンチを背負うが、このピンチを二飛に打ちとり、無失点で切り抜ける。その後も4回まで毎回のように走者を背負うが、打たせて取る投球で日高中津に得点を許さない。

 

 4回まで湯川から無失点に抑えられていた日高中津だが、5回表に連打で一死一、三塁とすると、6番の宮井 智基(3年)に左前適時打を放ち、日高中津が1点を先制する。

 すると6回から初芝橋本は松下友輔(3年)をマウンドに送る。松下は縦に変化するカーブを武器に粘りの投球を見せ、日高中津に追加点を許さない。

 

 日高中津の先発・宮井はサイドスローからストレートと変化球を自在に投げ分け、初芝橋本打線を抑え込む。

 

 何とか投手の頑張りに応えたい初芝橋本打線は7回裏に一死二塁とすると6番・山﨑が右中間に適時三塁打を放ち、同点に追いつく。その後もチャンスは続いたが、ここは宮井が踏ん張り、勝ち越しとはならなかった。

 

 試合は同点のまま9回に突入。この回から登板した初芝橋本の3番手投手・西浦(3年)が無失点に抑えるとその裏に一死満塁サヨナラのチャンスを作る。しかし、宮井が意地を見せて途中出場の中川(3年)をストレートで三振を奪い二死。ここで打席に立つのは西浦。2-2からの6球目を叩くと、打球は左翼手の前に落ち、サヨナラ勝ち。劇的勝利で初芝橋本が夏の大会初シードを決めた。

     

 初芝橋本の芝野恵介監督は「今日は日高中津の目先を変えようと継投で行くと決めていました」と和歌山選抜に選ばれた杉中 悠起(3年)を含めた4人の投手での継投を考えていたという。それが功を制し、13安打を浴びながらも1失点で粘り切った。最速140㎞を超える杉中も調子は上昇傾向で今後の登板の可能性は十分に考えられる。ベンチ外にも彼らと遜色ない力のある投手がいるそうでセンバツ8強の創成館のように大胆な投手起用が見られそうだ。

(文・写真=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ヤクルト川端慎吾ら意外に多い和歌山県の高校出身者たち 【ニュース - 高校野球関連】
市立和歌山が4年ぶり9度目の新人戦優勝!一次予選では智辯和歌山が初戦突破! 【ニュース - 高校野球関連】
日高中津vs箕島【和歌山県 2019年秋季大会 和歌山県下高校野球  新人戦】
市立和歌山vs日高中津【和歌山県 2019年夏の大会 第101回選手権和歌山大会】
第934回 智辯和歌山、市立和歌山の2強を追いかける有力校にも要注目!【和歌山大会展望】【大会展望・総括コラム】
第53回 日高中津(和歌山)「史上最弱からの逆襲へ!優勝して全員で泣きたい」【僕らの熱い夏2019】
那賀vs初芝橋本【和歌山県 2019年春季大会 平成31年度春季和歌山県大会】
第879回 智辯和歌山、市立和歌山の2強に割って入る台風の目は?春季和歌山県大会の展望を考察!【大会展望・総括コラム】
第805回 2強時代の到来か?秋季和歌山大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第774回 秋季和歌山大会を徹底展望、高嶋監督勇退の智辯和歌山が本命か【大会展望・総括コラム】
市立和歌山vs初芝橋本【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
市立和歌山vs近大新宮【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
第320回 初芝橋本高等学校 黒瀬 健太選手 「誰からも応援される球界を代表するホームランバッターになりたい」 【2015年インタビュー】
第276回 初芝橋本高等学校 黒瀬 健太選手 「全国区の強打者が目指すは、誰もが信頼する打者」 【2015年インタビュー】
初芝橋本 【高校別データ】
日高中津 【高校別データ】
平成30年度 春季近畿地区高等学校野球大会 和歌山県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

和歌山県地域応援スポンサー

和歌山県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る