ホームランを打った利光(早稲田実)

手探りのチームが急成長! 08年以来の決勝進出

優勝候補・日大三を破り、勢いに乗る創価とここまで粘り強く勝ち上がっている早稲田実業の対決。試合は創価が試合を優位に進めていく。

1回表、1番村松 励太(2年)は四球。2番奥 輝彦(2年)はセンター前ヒット。3番南 遼太郎(2年)がセンターの頭を超える二塁打で2点を先制。一死三塁から5番矢澤はスクイズで1点を追加し、3対0とする。

だが早稲田実業は1回裏から反撃。二死から戸谷光助(2年)のショートゴロが相手のミスを誘い、4番熊田 睦(2年)のライト前ヒット、5番鈴木夏亥(2年)の四球、6番西岡 寿祥(1年)がライトの頭を超える二塁打で、2点を返す。

2回表、創価は二死二塁から2番奥がライト前へタイムリーを放ってで1点を追加。

しかし2回裏、利光 健作(2年)が初球を打ってライトへ大きなホームラン。利光はストレートが来ることを読んでいた。狙い通りのストレートが来て、思い切り振り抜いて、打球はライトフェンスを越える大きなホームランとなった。

点の取り合いで始まった試合、3,4回はお互い無得点も5回に入ると試合は再び動いていく。5回表、創価はこの回先頭の奥が変化球を捕えてライト前ヒット。3番南が犠打。4番海老原の時にピッチャーの二塁けん制が逸れて、一死三塁に。海老原はカーブを見逃し三振。5番矢澤悠希(2年)はファーストのグラブをはじく形でライトへの二塁打。これで5点目となる。

しかし早稲田実業もその裏、1番山岡がライト前ヒット。2番岡が犠打で、一死二塁。3番戸谷の四球。熊田が左中間を破る二塁打で、1点差に。ここで創価は投手交代。内野から背番号1の樽海がマウンドに登る。しかし早稲田実業打線は変わった樽海から7番鈴木がレフト前ヒットで同点に追いつくと6番西岡は死球。7番吉見の時にパスボール。三塁走者がホームインし、1点を勝ち越しに成功。更に吉見が振り逃げ。振り逃げしたボールを捕手が見失い、その間に残りの走者もホームインし、8対5大きく勝ち越し。そして代打・松本飛勇馬(1年)のライト線を破る二塁打で1点を追加し、9対6。

6回表からここまで力投の西山 諒(1年)に代えて、エース左腕・二山 陽平(2年)を投入。和泉実監督はここがポイントだと読んでいた。
その二山は前回の都立高島戦に比べ、ボールのキレが良くなり、創価打線をテンポ良く抑えていく。

スコアボードに0を重ね好投する二山を援護したい早稲田実業は8回裏。
一死から3番戸谷は死球。4番熊田はストレートを打って右前安打。戸谷は三塁へ。5番鈴木は右前安打で1点を追加。さらに6番西岡の三塁ゴロ。南が大暴投。これで11点目。その後は後続が凡退し、11対5。

9回表、二山は創価打線を無失点に抑え、ゲームセット。08年以来の決勝進出を果たした。