本塁打を放った南(創価)

夏のリベンジを誓った創価のアーチ

 明暗を分けたのは、この試合、4本目のホームランだった。
3時間を超える激闘となった創価日大三の対戦。
実は、この夏の西東京準決勝でも両校は対戦し、その時は日大三が3対1で創価に勝利した。

「夏負けた先輩たちのリベンジを果たしたい」(3番サード・南 遼太郎
そんな創価ナインの気迫がつまった試合となった。

初回、創価は、日大三の先発・大場 遼太郎(2年)から、3番南(2年)がソロホームランを放ち、先制点を奪う。
さらに追加点を重ね、日大三を突き放したい創価だったが、2回以降は毎回ランナーを出すものの、8回まで大場に無得点で抑えられる。

創価の先発を任された背番号10の内野 聖士郎(2年)も、5回まで日大三打線を無失点に抑える好投を続けていた。

しかし、6回裏。先頭の2番稲見 優樹(1年)がライトへの二塁打で出塁し、3番石田 鴻太(2年)の犠打でランナーを三塁に置くと、5番佐々木 優(2年)のレフトへの2点本塁打で逆転に成功。

8回にも、先頭の3番石田がライトへのソロホームランで、3対1と日大三がリードする展開に。ここで、創価は先発の内野から背番号1の樽海 賢司(2年)をマウンドへ送る。樽海は、4番太田 和輝(2年)と、前の打席で本塁打を放っている5番佐々木から連続三振を奪う。さらに6番五十嵐将大(2年)もファーストフライに打ち取り後続を抑え、9回の攻撃につなげる。