完封勝利をあげた内野聖士郎(創価)

夏の経験でより成長した創価・内野 4安打完封でベスト8進出!

小雨混じりとなった第2試合。創価内野 聖士郎明大中野八王子篠原 匠と投げ合いとなった。

 背番号「10」を付ける内野は夏の公式戦から登板経験のある右腕。前チームのエース池田 隆英の足の故障により5試合すべて先発した。テークバックが小さいフォームから常時135キロ~後半の速球を投じ、キレのあるスライダー、シンカーを投じる技巧派右腕。何よりコントロールと変化球が良いので、秋では簡単に打ち崩せない投手だと思っていた。

今日は速球の球威、コントロールともに安定していて、そしてスライダー、カーブ、縦スライダー、シンカーと多彩な球種をコントロール良く投げ分けることができている。145キロ超の速球を投げ込んでいた池田のようなスケールを持った投手ではないが、それを補うように、実戦的な投球が出来る強みだ。

篠原は173センチと身体は大きくないが、コントロールが優れた右の本格派。何よりも変化球のコントロール、キレが素晴らしく、簡単には痛打を許さない。肩、肘が柔らかく、上体を鋭く振り下ろす。130キロ前後の速球を内外角に集め、スライダー、カーブを投げ分け、創価打線を打たせて取っていく。

先制したのは創価だった。
4回裏、2番村松励太(1年)がセンター前ヒット。3番南 遼太郎(1年)の犠打で一死二塁となって、4番海老原 一佳(2年)が直球を捕えて痛烈なセンター前ヒット。打球が速すぎて二塁走者が突っ込めず、一死一、三塁となって5番矢澤悠希(2年)がレフトへ犠牲フライを放ち1点を先制する。

内野は尻上がりに調子を上げていく。さらにストレートの球威を上げていき、変化球のコンビネーションが嵌り、明大中野八王子打線を寄せ付けない投球を見せる。秋の大会でも相手を寄せ付けない投球が出来ているのは、夏の疲労をしっかりと抜いてきたことにある。この夏は練習試合でもあまり投げさせなかった。本大会へ向けてしっかりと標準を合わせ、調子を上げてきたのだ。