先制のホームを踏む東亜学園・片居木君

序盤に集中打で、東亜学園が終始主導権握る

昨秋、今春と連続してベスト4に進出している東亜学園。この秋の新チームは、メンバーは大きく入れ替わったが、安定した試合ぶりだった。

東亜学園はエースナンバーをつけた左腕の福山君が、左独特の大きなカーブを武器にどんどんと打者を追い込んでいく投球で好投。十分に自分のリズムで投げられていたといってもいいだろう。立ち上がりから3イニングは、3人ずつでパーフェクトに抑えていた。そして、福山君がきっちりと投げている間に、東亜学園は得点を重ねていった。

初回、東亜学園は2死から片居木君がライトオーバーの二塁打を放つと、続く円藤君もレフトへ二塁打で続いたあっさりと先制。2回には1死から死球と9番福山君の安打で塁を埋めると1番の佐伯君がライト線へ三塁打を放って二者を迎え入れた。これで、広尾の先発越沼君を退けた。なおも、2死三塁から片居木君が代わった左の春田君も苦にせず、またも右方向への好打でこの回3点目。

3回にも東亜学園は二塁打の福田君が暴投で三塁へ進めて、内野ゴロの間に還って5点目が入った。こうして、東亜学園は着々と試合の主導権を握っていった。

ただ、ここから広尾の春田君も粘って、東亜学園の攻撃をこらえていた。そして、広尾打線も徐々に福山君を捕えられるようになってきていた。しかし、結局、広尾の反撃は9回に2番高橋君と殿岡君の連続長打で1点を返すのみに留まってしまった。

広尾にとっては、最初から春田君で行っておけば…、また違った展開になっていたかもしれないところだったが、梨本浩司監督は、「東亜学園に関しては、右打者が多いという印象でしたし、夏休みの練習試合から、下手投げの越沼は調子がよかったですから、東亜学園戦はこれで行こうということは最初から決めていました」ときっぱり。

それよりも、「初回と2回、外野のまずい動きで得点を許してしまいましたからね、あれが痛かったです。それと、あのカーブが打てなかったですね」と、むしろ敗因は攻守が想定外だったということである。