岩倉・小串君

まとまり示した岩倉、堅実な試合運びで都大会進出決める

この夏の東東京大会でベスト4に進出して、久しぶりに存在感を示した岩倉
秋も、派手さはないものの、きちっとした仕上がりぶりを示す戦いぶりで、都大会進出を決めた。

岩倉は初回に死球の2番酒井君が二盗を決めると、4番森山君がやや詰まり気味ながらセンター前へ運びこれが先制タイムリーとなった。さらに2回にも、巧みにボールを運んで右中間へ二塁打を放った小串君をバントで進めると、松木君のレフト犠牲フライで追加点。走者が出たら手堅くバントで送って、しっかり返すという形は岩倉の得意とするパターンだが、それが序盤はきっちりと出来て主導権を奪った。

ただ、岩倉はその後にさらにバント安打などで作った満塁の好機があったのだが、ここであと一本欲しいところでもあった。結局、それが中盤の苦戦につながってしまった。右サイドから、ゆっくりとしたスライダーを投げてくる郁文館の福田君を打ちあぐんだ。そして、6回には郁文館が小林勇君のレフト前ヒットで1点差とした。

しかし、その裏岩倉は1死満塁から酒井君のスクイズで3点目を入れると、ここまで3打席福田君のスローカーブを引っかけ気味だった3番安達君が、しっかり捕えてライトオーバーの二塁打。二者を返してこの回3点、完全に岩倉は試合の流れを掴んだ。7回にも松木君のライトオーバー三塁打で2点を追加した。

そして岩倉は、身長としては170センチに満たない小串君が、投球の組み立ての上手さを見せて、6回の1失点のみに抑えた。ストレートとスライダーを中心に、時にチェンジアップも交えていきながら、上手に打者を処理していくタイプだ。まさに、試合を作れる投手と言っていいだろう。

岩倉の磯口洋成監督は、「投手がまとまっていますから、ある程度は計算が立ちますから、助かりますよ」と、小串君には絶対の信頼を寄せている。新チームになって、「トータルの能力を見て、二塁手から捕手にコンバートした」という安達君との呼吸が合ってこれば、これからもっと投球の幅が広がってきそうである。
よく、投球のセンスがあるという言い方をするが、小串君はまさにそんなタイプと言っていいだろう。

昨年秋はブロック予選で日大三を下して旋風を巻き起こした郁文館だったが、今年は下手投げの福田君が頼りのチームだったが、小串君を打ちきれなかったのが痛かった。2本のバント安打含めて6安打。6回を除くと、好機らしい好機を作ることが出来なかった。

(文=手束 仁

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。