伸び伸び明るい野球で、ベスト4

高校野球のチームにとって、伸び伸びと明るくプレーすることがいかに素晴らしいか、そのことを都立片倉の選手たちが具体的に結果として示してくれた。そんな試合だった。
都立片倉には神奈川県の私立高校から転校してきた金井 貴之という注目の投手がいる。そして、金井が試合を作っていくことでチーム全体も盛り上がっていって、ますます意識が上がっている。そういう展開の中でチームとしてのモチベーションを作れる環境が出来ている。そんな選手たちの意識を宮本秀樹監督が、上手に持ち上げていくことによって、都立片倉は最高にいい雰囲気で試合に臨むことが出来た。

良い雰囲気で試合に入れた片倉は、1回から具体的な形で結果を出していった。
片倉の初回は、先頭の鳥巣裕太が内野安打で出ると、バントで進め、小林章のセンター前ヒットで返すという効率のいい攻撃で先制。さらに二死二塁から内野ゴロの送球ミスで加点した。これで、試合の主導権を握れた片倉は、2回にも四球の走者を三塁まで進めて、鳥巣のレフト前ヒットで追加点を挙げた。
3回は、安打と失策で一二塁とすると、バント失敗があったがそんなことを気にする間もなく、6番長谷川太良、7番金井の連続安打で得点して序盤で5対0と大きくリードした。これで、金井投手も楽に投げられた。5回までは、東亜学園打線を無安打に抑えていた。6回に初安打を許したものの、ほとんど危なげのないものだった。この日はストレートは最速144キロをマークしていたが、球速だけではなく投手としてのまとまりのよさを感じさせるものだった。

金井自身も、「今日は、ブルペンでもストレートが走っていると感じていましたから、初回から良い感じで投げられました。神宮のマウンドはとても気持ちよかったです。スタンドにも、多くのお客さんが入ってくれて見てくれたので、嬉しかったです」と、笑顔で話していた。気分よくマウンドに登って、調子のよさをそのままぶつけることが出来たナイスピッチングだった。