佐藤洋君(東海大高輪台)

東海大高輪台が学校としても初の関東大会出場を完封で決める

今大会注目の投手のうちの一人でもある日大鶴ヶ丘の大高君。187cmで体重は登録時よりも増えて81kgというサイズも魅力の一つとされている。その好投手に対して、食いついていこうという姿勢で挑んだ東海大高輪台は、立ち上がりからしぶとく攻めて攻略に成功した。

大高君がいくらか立ち上がりに不安があることは、先週の準々決勝の堀越戦でも露呈していた。日大鶴ヶ丘の萩生田博美監督も、大高君の立ち上がりに関しては、いくらか心配していたことでもあったが、東海大高輪台はその立ち上がりを攻めた。初回、先頭の平出君が右線へ二塁打するとバントで三塁へ進む。2死後、4番大口君が中前へしぶとくはじき返して先制。

4回にも東海大高輪台は1死後、9番川内君の左前打と平出君の内野安打で一二塁とする。三盗を仕掛けたのは失敗したものの、その後も振り逃げと盗塁で二三塁として、牽制落球の間に三塁から平出君が帰って2点目。

平出君は6回にも左前打で出ると、バントで進んで大口君のタイムリー打でホームインした。平出君が塁に出ると、得点につながるという、東海大高輪台としては非常にいい流れが出来ていた。7回にも、押し出しで追加点をあげた東海大高輪台は、そのまま佐藤洋君がそのリードを保って逃げ切った。