渡邊君(帝京)

終盤に東亜学園の投手陣が崩れて、帝京が大差で決勝進出

 中盤まで帝京に食い下がっていた東亜学園だったが、終盤に東亜学園の投手陣が崩れて、結果的には大差の試合となってしまった。
東亜学園としては、先週の準々決勝の後、学校行事で修学旅行があり、つい先々日の木曜日に帰ってきたということもあり、この試合に向けて十分な練習が出来なかったということもあったのかもしれない。上田滋監督は、「それは言い訳にはなりません、完敗です」と、完全に脱帽していたが、やはり気持ちの作り方を含めて、東亜学園としては万全ではなかったことだけは確かであろう。
もちろん、相手がどんな状態であろうとその力を示していくのは強さの証明ともいえよう。

初回、敵失に乗じて好機を得た帝京[/teamは、2番堤君の中前打であっさりと先制。2回にも2死一二塁から9番石川君が左越二塁打して2者を返した。

しかし、東亜学園もその裏、四球とバント安打、さらにバント送球ミスで1点を返す。なおも、1死二三塁という場面で8番内田君の内野ゴロの間に三塁走者が帰って1点差とした。東亜学園も、相手のミスに乗じて食い下がっていくという姿勢を示していた。

さらに、3回は帝京[/teamが堤君、阿部君の連打とバントで1死二三塁とすると、木部君の内野ゴロの間に三走が帰るという点の取り合いとなった。こうした、ここまでの試合展開を見ていると、果たしてどんな試合になっていくのだろうかという気がしたくらいだ。

しかし、ここから中盤は試合が落ち着いてくるようになった。帝京[/teamの左腕渡邉隆君も、力任せのストレートはいくらか制球がブレていたものの、変化球はしっかりと決まり出していた。また、東亜学園の古川君も4~6回を丁寧な投球で切り抜けて、次の1点が大きく流れを左右しそうな展開になってきた。