渡邊(帝京)

打線爆発 帝京、準決勝進出!!

 2回、帝京は4番渡邊、6番伊集院の安打から一死一・三塁の好機をつくる。続く7番板倉の打席で、伊集院が二盗を決め、先制のチャンスを広げると、カウント1―3から板倉が二塁打を放ち、まず2点を先制。
二松学舎大附は4回、相手エラーと四球、野選などで1点を返し、1対2のまま終盤に持ち込むも、7回に帝京にビックイニングを与えてしまう。
帝京はこの回、先頭の8番高山の三塁打、9番石川の左前打、1番谷田の本塁打で3点を追加。続く2番堤が四球で出塁すると、3番阿部の三塁打で6点目。さらに、無死三塁から5番木部の左犠飛で、7対1と二松学舎大附を突き放す。

二松学舎大附は、8回に3番石田の内野安打に、6番鈴木の右犠飛で2得点目をあげるも、力及ばず。帝京の先発・渡邊に11三振を奪われるなど悔しい結果となった。

一方で、帝京打線は、この試合10安打の強打をみせた。先発した渡邊も6回途中に一時はマウンドを石倉に譲るも、8回途中に再登板。8イニングを投げて、被安打4、自責点1と好投をみせた。

(文=編集部)