佐藤(東海大高輪台)

東海大高輪台、佼成学園との投手戦に勝利!佐藤が1失点完投

 東海大高輪台は初回、1番平出が内野安打で出塁すると、3番関の二塁打でまず1点を先制。
佼成学園は4回、6番小林が中前打と盗塁で、二死二塁で好機をつくると、8番今井が左前適時打で同点に追いつく。

1対1で迎えた6回、東海大高輪台の5番望月が、二死一塁の場面から二塁打を放ち、勝ち越しに成功。その後、佼成学園は再三、ランナーを出すも、東海大高輪台の先発・佐藤の前に、追加点が奪えなかった。

試合後、佐藤を好リードした捕手の川内は、「相手は強打のチームだったので、リードも単調にならないように、ランナーが出てからの駆け引きを試合前から考えていました。今日の(佐藤の)ピッチングは80点ですね」と笑顔をみせた。とくに、7回無死一塁、同点のランナーを出した場面で、佼成学園の打者にカウント0-3からバントを仕掛けられるも、ファールをとった一球が、川内としては満点に近い佐藤の一球だったと語る。

 

一方で、佐藤は、「今日は硬くならずに投げられたけど、ストレートがコーナーに決まらなかったので、大事な場面での制球力をもっと高めていきたいです」と語った。

東海大高輪台の投手陣には、エース番号をつけた佐藤以外にも、「最近ブルペンで頭を使いながら投げているのを感じます。冬から大きく成長してくれました」と監督も評価する先発要員の井上。他、ベンチには4名の投手が並ぶ。この日の勝利でまずは、都大会春4強入りを決めたが、夏の戦いを見据えて、まだまだ上を狙うつもりだ。

(文=編集部)