先発した福山聡史(東亜学園)

 3回~4回まで予定だった福山は好投。岩出の思惑通り、しっかりと腕を振り出したことで、切れのあるストレートが出てきた。岩出は創価の打者がストレートに狙いを絞ってきたので、途中から変化球を織り交ぜ、腰砕けにさせて内野ゴロに打ち取る配球。「福山も良いですが、なんといっても岩出のリードが上手いです」

上田監督は福山の持ち味をしっかりと引き出している岩出のリードを評価した。そして5回にはストレートで空振り三振。試合前に腕を振って、ストレート中心の配球が、この場面で活きてきた。福山も岩出のリードに乗せられる形で、テンポが良くなった。

福山はゴロピッチャー。創価の打者は本当に内野ゴロが多い。内野ゴロのアウトは二桁を超えて、東亜学園のバッテリーの術中にはまっていた。その創価は7回の裏二死三塁のチャンスで池田。池田は三塁ゴロ。変化球に引っかけられ、完全にバッテリーの思惑通りの打ち取り方になったが、サードの送球がファーストにわずかに届かず。エラーにより1点を返した。

 

9回の裏、先頭の野田が右前安打で出塁。ここで東亜学園はここまで好投の福山が降板。エースの古川が登板する。ベンチに戻る福山に東亜学園スタンドは労いの声を送った。8.0回を投げて1失点(自責点0)。見事な投球だった。窮地の場面に上がっても古川は冷静だった。4番田中を空振り三振。5番相田は中飛。6番野口は四球だったが、7番池田を中飛に打ち取りゲームセット。東亜学園がベスト4進出を果たした。

まさに岩出のリードが光った試合。福山の持ち味・性格を把握し、配球を組み立て、創価に自分たちの打撃をさせなかったリードは見事だった。しかし、どんな良い捕手でも、投手に応えなければ絵に描いた餅。福山は実に粘り強かった。彼が得点圏にランナーを背負うこと4回。しっかりと自分のピッチングに徹し、点を与えなかった。

「今までなら崩れていると思うのですが、予想以上の粘り強さでした。ひと冬越えて逞しくなったのかな」
岩出は後輩投手の成長に目を細めていた。

(文=河嶋 宗一)