粘りのピッチングを見せた大高(日大鶴ケ丘)

大高頼み脱却へ

今年の日大鶴ヶ丘はエース大高 光が注目されている。
秋までの印象としては大高頼みのチームという印象が強く、大高がこけたらズルズルいってしまう脆さがあり、萩生田監督もその大高頼みのチームの脱却を課題にあげていた。
今日の試合はその成果が出た試合だった。

1回の表、堀越は2番畑が中前安打。3番大島がライト線を破る二塁打で1点を先制。4番富田の左前適時打で1点を追加し、2対0。更にヒットが続き、大高は五連打を打たれる苦しい立ち上がりとなった。さらに2回の表にもスクイズで1点を追加され、3対0。初めて先行される形となった。大高は本当に調子が悪い。ストレートがシュート回転し、ストレートが全く走っていない。変化球も捉えられ、本人も「調子が悪かった」と認めるほどの出来の悪さ。だが調子が悪くても試合を作っていかなければならないもの。3回の表、三者凡退で抑え、味方の反撃を待つ。

 

3回の裏、日大鶴ヶ丘は8番大高が右前安打で出塁。一死二塁となって1番茂呂がセンターの頭を超える二塁打で1点を返し、2番小机も中前安打で続き、一死2,3塁のチャンスを作る。3番佐藤が浅い中飛に倒れ、4番宮本が四球で二死満塁となって、5番畑野が中前適時打で同点。6番伊地知は二塁ゴロ。しかし二塁手の失策で逆転に成功。さらに疋田の適時打で5点目。試合をひっくり返した。

大高は悪いなりに投球を組み立てていく。変化球の割合を増やし、カーブ、スライダーでカウントを稼ぎ、最後は縦に落ちるチェンジアップ。ストレートをコーナーについて三振を奪っていた。ただあまりにも調子が上向かないので、三振を奪っている実感が沸かない。