先発した辻脇(東海大高輪台)

東海大高輪台、充実の投手陣でベスト8進出

 3回戦でセンバツベスト4の関東一を下す大金星を挙げた都立八王子北と、近年安定した結果を残している東海大高輪台の戦い。勝者がベスト8進出となる。

 先発は都立八王子北関東一打線を2失点に抑えたエースの出田一成、東海大高輪台が辻脇圭助。背番号11の辻脇は、公式戦では昨秋のブロック大会以来の先発となった。
 序盤、主導権を握ったのは東海大高輪台。1回、二死から3番・関結太の三塁打、4番・大口眞人のタイムリーで先制すると、2回には一死二塁から平尾優がレフト前タイムリー。さらに、3回には関にライトオーバーの本塁打が飛び出し、3対0とリードを広げた。
 関はここまでの2試合で本来の当たりが出ず、宮嶌孝一監督も心配をしていた選手。試合後には、「今日は関が打ってくれたことがまず大きかった」と、中心打者の復調を喜んでいた。

 

 今大会初先発となる辻脇は180センチ82キロのがっちりとした体格を生かし、重い球質のストレートを投げ込んでくる。時折、混ぜるフォークも効果的で、5回まで散発の4安打に抑えた。
都立八王子北の出田も中盤から立ち直り、4回から7回までは2安打。微妙に動くストレートを軸に、左バッターの外にはシンカー系の沈む球、右バッターの外にはスライダーを配し、打たせて取るピッチングを見せた。
東海大高輪台は、6回裏一死二塁とピンチの場面で、辻脇から背番号10の井上凌太にスイッチ。3回戦の国士舘戦で先発し、好投した井上。こちらは、辻脇とは対照的に172センチ61キロの細身。球のキレで勝負するタイプだ。
井上は落ち着いたマウンドさばきで後続を内野ゴロに抑え、ピンチを凌いだ。