本塁打を放った田中をハイタッチで迎える東亜学園ナイン

『きっちり作戦通り』 東亜学園 4回戦突破!

堀越vs正則学園の試合に続いて行われた神宮第二球場での第二試合東亜学園vs工学院大附。こちらも準々決勝をかける戦いだ。

試合は初回から動いた。一回裏、工学院大附は1死1,2塁のチャンスで4番・塚本がきっちりレフト前タイムリーを放ち先制に成功した。ところが東亜学園はすぐに追いつき突き放していく。その裏の攻撃先頭の4番・田中が左越えホームラン。簡単に同点とすると、次の3回には三番・蓑原のレフト前タイムリーで1点。さらに制球に苦しむ工学院大附の先発・右オーバーの黒田、二番手・右アンダーの小田部の球を見極め押し出し四球などでこの回一挙4点追加し序盤で主導権を握る。

続く中盤戦。5回表東亜学園は四球とヒットで無死満塁のチャンスを作るが、ここは苦しみながらも工学院大附・小田部が犠飛の1点のみに抑え、6回裏に工学院大附は内野ゴロの間に1点を加える。

終盤は7回、9回ともに東亜学園が四球で出した先頭ランナーをきっちりバントで送りタイムリーで返すという攻撃で試合を決定づけていき、試合は9-2の7点差で東亜学園が勝利した。

試合後、東亜学園の上田監督は『きっちりと作戦通り。ボール球を待って四球で』としっかり球を見極めた攻撃を振り返ったが、四球で出したランナーをきっちり返す打撃も見事だった。一方守りの面では、『ピッチャーを中心に』と3人の投手で2失点に抑えた。

大会前半は春の嵐が吹き荒れた東京大会もこれでベスト8が出そろった。
関東大会に出場するのはどこのチームか。これからの戦いにも目が離せない!

(文=編集部)