試合シーン

堀越、守り勝ち

明治神宮第二球場で行われた第一試合堀越vs正則学園の一戦は両チームともピッチャーを中心とした堅い守りで、緊迫した好ゲームとなった。

正則学園の先発・大川はコントロールが良く、堀越の先発・大島はストレートに球威があった。

大きな応援団をバックに、最初にチャンスを迎えたのは堀越。三回表、先頭バッターがヒットで出塁し2死2塁としたところで一番・鳥飼がセンター前ヒット。しかしこれを正則学園のセンター生沼がホームへ好返球でタッチアウト。先制のチャンスを逃した。

この後互いに得点圏にランナーを進めるもあと一本が出ず、7回裏には二死から正則学園が四球でランナーを出し、7番・牧島が左中間を破る2ベースヒットを放つも堀越の連携の取れた中継プレーで本塁タッチアウト。

このまま延長に入るかと思われた9回表、堀越は先頭の一番・鳥飼が左線にツーベースを放ち、守備の乱れの間に一気に三塁へ。一死後、4番・大島の右犠飛で待望の先制点を上げそのまま逃げ切り辛くも勝利した。

試合後堀越・山口監督は『しんどかった。ピッチャーがよく投げてくれた』とこの手に汗握る戦いを振り返った。
次はいよいよ準々決勝。次の戦いも『くらいついて』いく堀越に注目したい。

(文=編集部)