攻守に活躍した吉田君(佼成学園)

自滅癖からの脱皮、佼成学園バッテリーひと冬の成長示した

 前半を終わって1―1の試合は、6回の攻防が結果的に明暗を分けた。

この回、東海大菅生の攻撃はいずれもいい当たりで難しい内野ゴロながら、佼成学園が巧みにさばいて3人で終えた。そのうちの2本を遊撃の吉田大君が処理した。捕ってからの送球の速さも光った。そして、その裏は吉田君からの攻撃だったが、「守りでいいプレーが出ている選手は必ずその試合のどこかで打てる」という流れの鉄則通り、吉田君はまさに絶好のタイミングでここまで好投を続けていた大林日君を捉えた。打球は、一直線で右翼スタンドに刺さった。結果的には、これが決勝点となった。

昨秋の東京都大会では期待されながらも、捕逸と四球というバッテリーエラーとミスが重なって、ベスト8を前に自滅気味に日大鶴ヶ丘に大敗した。それ以降、チームとしては、佼成学園は1点の大事さ1点の大切さを感じながら、ロースコアのゲームをしていくことを目指していたという。

それだけに、2―1という辛勝ながら藤田直毅監督は、その内容に満足していた。「いいタイミングでいい試合をさせてもらえたと思います。こういうロースコアのゲームをやっていかれるチームを作っていきたいと思っていました。結果的には、一発が決勝点になりましたが、前半はアウトOKで足を使っていくことが出来ました」

足を使った攻撃は、初回にいきなり表れていた。先頭の礒部君が内野安打で出ると、すかさず二塁盗塁してから、内野ゴロで1死三塁という状況を作れた。ここで、もっとも信頼の高い吉田君となるのだが、「状況に応じて最低限ことはやってくれる選手」(藤田監督)だけに、内野ゴロGOという選択肢もありだったのだが、その通りで二塁への深い内野ゴロで三塁走者を迎え入れた。