東海大高輪台・大口君が左中間二塁打で先制

タテジマ対決は持ち味の異なる投手の投げ合い、東海大高輪台が辛勝

 タイプの異なる左右の両先発投手が、それぞれの持ち味を出した投手戦だった。
東海大高輪台の背番号10の井上君は右サイドスローで、シンカーのようにスーッと沈んでいくスライダーが武器。自分でも、どういう変化をしていくのか分からないというくらいで、ある程度は捕逸覚悟で投げているというから、そのキレ味のよさが窺える。

これに対して国士舘の左腕西川君は、184㎝87kgという恵まれた体格で、力感あふれるフォームから投じられる球も、ストレートは時にズドーンと捕手のミットを叩いている。制球さえ崩さなければ、それほど大崩れはしないのではないかという印象だった。

3回を終えて0―0の投手戦は、なかなか緊迫感のあるものだった。

均衡を破ったのは4回の東海大高輪台だった。先頭の2番渡邉 諒君が中前打するとバントで二進。大口君が左中間やや浅めにいた外野の間を抜いていく二塁打で、これがタイムリーとなった。さらに内野ゴロで三塁へ進むと、暴投で生還した。これで、試合の主導権は東海大高輪台が握ることになった。

その裏、国士舘も三塁まで走者を進めたものの、あと一本が出なかった。井上君の独特のスライダーを打たされているという印象だった。それでも、国士舘も西川君が好投を続けて、その後の失点を許さなかった。そして、7回、1死三塁から6番大倉君の中犠飛で1点を返した。
しかし、東海大高輪台は8回からは思い切ってエースナンバーの佐藤洋君を投入。佐藤君は安打はされつつも2イニングを抑えて東海大高輪台が逃げ切って、まずは夏のシード権を獲得した。