初回、片倉・今井君が同点打

3度追いついた片倉、6回に逆転でシード権獲得

  一部関係者の間では話題となっていた、都立片倉の金井君が、この大会でベールを脱いだ。神奈川県の強豪私学から転校してきたということで、規定で1年間は公式戦に出られなかったが、練習試合では周囲を驚かすような球を投げていたという評判だった。
そして、先の2回戦では都立文京を1点に抑える好投。中1日でのこの日の登板が注目されていた。

ストレートは伸びがあってグ―ンと来ているという感じで、キレのいいカーブとチェンジアップが持ち味だということだが、この日は本来の出来ではなかったようだ。

都立片倉の宮本秀樹監督は、「今日は全然ダメでしたね。ブルペンでは、そんなに悪くないと思ったんだけれど…、4回に暴投で4点目を与えちゃって、これで限界だと思ったから、今日は5回から小田嶋に代えました」と、この日の登板に関しては見切りをつけた。

その小田嶋君が5回以降をわずかにポテンヒット1本を打たれたのみで0に抑えた。そして、都立片倉は試合展開としては必ずしもいい流れではなかったものの、先行されつつも追いつき逆転して、4回戦進出を果たした。