東海大高輪台 2番渡辺

終盤突き放した東海大高輪台、コールド勝利

 昨秋、本大会に出場したチーム同士の一戦。
大成は初戦で駿台学園に0対1で惜敗。東海大高輪台早稲田実業を5対4で下す金星を挙げるも、3回戦で東亜学園にコールド負けを喫している。

序盤は緊迫した守りあいとなった。東海大高輪台の先発・2年生の佐藤 洋叡がストレート主体の力のピッチングでグイグイ押せば、大成の先発・土方航輝は緩いカーブとスライダーを効果的に配し、試合を作った。

試合が動いたのは3回。大成が1アウトから3番・澤渡恭佑の四球と、4番・浜本隆次のセンター前でチャンスを作ると、二死から6番のウォシャン・デニトがライト前へタイムリー。1点を先制した。

3回まで内野安打1本に抑えられていた東海大高輪台の反撃は4回。

先頭の平出勘太が死球で出塁すると、二番・渡邉 諒が見事なバスターエンドランを決めて、無死一、三塁。三振、フォアボールで満塁となったあと、5番・望月翔太がライトへ打ち上げた。浅い飛球で、三塁ランナーの平出は自重したが、ライトからの返球が逸れ、これをキャッチャーが後逸。ラッキーな形で同点に追いついた。

序盤、力みも見られた東海大高輪台の佐藤はしり上がりに調子をあげ、5回以降は安定したピッチングを披露。守りでリズムを作ると、6回に一気に突き放した。
2アウト二塁から、望月が一塁横を鋭く破る二塁打で勝ち越し。さらに、「飛ばす力を持っている」と宮嶌孝一監督が評する6番・平尾優がワンストライクからの甘いストレートを見事にとらえ、レフトへ2ランホームラ ンを放った。

大成はここで、エースの土方から182センチの長身左腕・佐藤優也にスイッチ。土方は序盤粘り強く投げていたが、高めに浮いたストレート、変化球を狙われ、しのぎきれなかった。
4対1とリードした東海大高輪台は7回に2つの死球でチャンスをもらうと、渡辺のこの日3本目のヒット、4番・大口眞人のセンター前などで3点を追加。8回裏には、1番・平出がコールドを決めるタイムリーを放ち、8対1で勝利をモノにした。