鈴木(二松学舎大付)

両先発の息詰まる投げ合い。一気にたたみかけた二松学舎大付が勝利!

圧巻の立ち上がりだった。
二松学舎大附の先発・鈴木は初回、三者三振に抑える立ち上がりを見せた。
都立調布南打線をまるで寄せ付けない、そんな印象だった。

鈴木は続く2回も3人で攻撃を終えると、その裏にはヒットと四球でチャンスを広げる。そして上田の2点タイムリーで先制点を叩き出す。
2点の援護をもらった鈴木は3回、先頭打者に四球を与えてこの試合初めてランナーを許すが、続く打者にバントをさせず1死一塁。しかし続く打者の初球、都立調布南の一塁ランナー廣田がセカンドへ盗塁を決めた。さらにヒットでつないで1死一、三塁と同点のチャンスを作り出すと、中沢がピッチャー強襲のヒットを放って1点を返す。その後2死一、三塁とし、ここで都立調布南はダブルスチールを仕掛けた。

これが見事にはまり同点に追いついた。
この回3盗塁と機動力を十分に生かしてプロ注目右腕の鈴木から2点を奪った。

同点とされた直後、二松学舎大附は先頭打者をヒットで出すがけん制で刺されるなどして得点にはいたらず。これ以降、両エースは粘り強いピッチングを繰り広げる。

4回、都立調布南の先発・川辺は死球と内野安打で2死二、三塁と勝ち越しのピンチを招くが、ここをライトフライで切り抜ける。
すると5回表、先頭打者の廣田がレフトへの二塁打で出塁。続く浅川はバントを試みるが、ランナーは進めずに1アウトを献上してしまう。
都立調布南は結局、二塁ランナーを本塁に還すことなくこの回を無得点で終えてしまった。
今度は二松学舎大附が1死から三塁打で勝ち越しの好機を作り出すが、得点につなげられずに攻撃終了。