関東一・松谷君先制2ランを放つ

関東一が中盤に強力打線爆発で、一気に決着

 序盤の展開からすれば、まさかこんな得点差の試合になるなどということは、とても想像できなかった。
3回を終わったところで0―0は、ある程度は予測できた展開でもあった。どちらが、どういう形で先制点をあげられるのか、それによって主導権を握った方が、かなり有利になるのではないかという思いで見ていた。まずは、そんな序盤の展開だった。

試合の流れとしてはよく、「守りのリズムから攻撃につなげていこう」ということが言われるが、関東一は、まさにそれを実践して、一気に流れを掴んだ。というのは、3回の守りで、1死一三塁という東亜学園の先制機、関東一の醍醐君はまさに、併殺を取りにいった投球だったのだが、内野ゴロで二塁手礒部君も難しい打球を処理して4~6~3の併殺。軽快なプレーだった。

そして、迎えた4回の攻撃、2死から伊藤大君が三遊間を破って出塁すると続く安西君は初球を叩いて、左翼へ2ラン。積極的な打撃が功を奏したのだが、まさに守りから勢いをつけてリズムを掴んだといった感じだった。

さらに関東一は5回、1死二塁からも2番吉江君が中越三塁打して加点し、なおも死球を挟んで4連打となり、犠飛などもあってこの回4点で大きくリードを奪った。