郁文館・戸林君

緩い球をしっかり捉えた東亜学園、郁文館旋風止める

「相手投手の緩い球をどう打つのか、それがすべてでした。引きつけてしっかりと溜めてから打つなんていうのは、プロでも難しい技術ですからね」と、東亜学園の上田滋監督。

一見すると何でもないような、郁文館の左腕戸林君のスローカーブだが、これでブロック予選では、夏の王者日大三打線を翻弄し、本大会でも東東京大会4強の成立学園を抑え込んでいくなど、ここまでの進撃ぶりは郁文館旋風といってもいいくらいのものだった。
口では、「突っ込みすぎないこと」と、簡単に言うが、打席に立ってみると、体が突っ込んでしまい打ちにいって、ポーンと打ち上げたり、引っかけてしまったり、ということになってしまうのだ。それだけ、見た目以上に厄介な投手ということであろう。
それでも、東亜学園打線は前半から小刻みに得点してリードを広げていった。

初回、東亜学園は1死一塁から3番蓑原君が右前打すると、こういつもあってそのまま一塁走者が生還して先制。3回も、2死三塁から相手失策で2点目。守りのミスにも助けられて、東亜学園は得点を挙げていった。