2011年10月16日 上柚木公園球場

二松学舎大付vs日大二

2011年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会 2回戦 
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

先発した鈴木(二松学舎大付)

リベンジ

二松学舎大附にとって、また、エース鈴木 誠也にとって、この試合はリベンジの一戦だった。ちょうど1年前と1日前、この大会の3回戦で日大二と対戦。前評判は二松学舎大附が高かったが、日大二に3対0の完封負けを喫し、春の選抜甲子園へと続く道を絶たれたのだ。あの試合、1年生エース鈴井誠也は決して調子は悪くなかったが、ここ一番で打たれ3失点。逆に打線は、日大二のエース竹内亮のスライダーとカーブをうまく組み合わせた見事な投球に完封された。

あれから一年、二松学舎大附のエース鈴木 誠也は、「リベンジ」という大きな意識を持ってマウンドに立った。まっすぐは試合前の投球練習から走っていた。鈴木自身、自分の球への手応え十分。 

1回表、二松学舎大附は1番・遠田亨平がストレートの四球へ出塁し、2番・小倉雅史送りバント、3番・石田 大介が倒れた後、4番でエースの鈴木が放った内野ゴロがエラーを誘い1点を先制した。 

1点のリードを持ってマウンドにあがった鈴木 誠也。少し力みが感じられ、同じく先頭打者の高取克宏に四球を出す。2番・伊藤 駿が送り、3番・磯貝元玖の内野ゴロで三進後、4番・石田時生がセンターへ同点のタイムリー二塁打。 

だが、ここで鈴木 誠也はハパッと気持ちを切り替える。「今までは、点と取られると気持ちが切れて球に意識が行かなくなり続けて打たれることも多かったんですが、1点ならまだ大丈夫。1球1球丁寧にいこう」と。 
なおも続いた二死二塁のピンチを内野ゴロに打ちとり切り抜けると、2回、3回と先頭打者を出すものの、そこから粘りの投球で得点を与えない。 

そんな鈴木とともに昨年のリベンジをしたい打線は4回表、2死二塁から6番・今井敬介がライトへタイムリー三塁打を放ち1点勝ち越し。鈴木の女房役の7番・吉田翔もセンター前に弾き返しもう1点。さらに、敵失によってもう1点を得た。4対1。

【次のページ】 二松学舎大付vs日大二(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
昨秋8強の日大二は、野球DNA構築と選手たちの身体作りの成果に期待 【ニュース - 高校野球関連】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
第1110回 中学時代は日本代表のスターに隠れていた折笠利矩(日大二)が都内屈指の二刀流になるまで 【2020年インタビュー】
第8回 神宮第二球場の思い出 ~東京砂漠のような異空間は掛け持ちができる特別な場所だった~【前編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
創価vs日大二【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
明大中野八王子vs二松学舎大附【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
佼成学園vs都立片倉【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
都立紅葉川vs都立武蔵村山【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
大森学園vs東京成徳大高【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第858回 意識付けの変化が同点打を生む!第5戦は本領発揮だ!野村 昇大郎(二松学舎大附) 【2018年インタビュー】
第802回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】 【2018年インタビュー】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第476回 二松学舎大学附属高等学校 永井 敦士選手「潜在能力は鈴木 誠也級!?最終学年は勝負強い4番を目指す」 【2016年インタビュー】
二松学舎大附 【高校別データ】
日大二 【高校別データ】
秋季東京都大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

二松学舎大附全員野球で・・!二松ファン 2011.10.12
雪谷戦応援行きました!シートノックの時は初戦の硬さが見え隠れしましたが・・猛打爆発!!最高でした!
リベンジの秋季大会・・次の試合も全員野球で勝ち進んで下さい!!

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る