東亜学園が速攻劇で試合を制する

 東京本大会3回戦。東亜学園東海大高輪台。ここまで粘り強く勝ち上がっている東亜学園と、早稲田実業にサヨナラ勝ちして勢いに乗っている東海大高輪台。試合は東亜学園が鮮やかな先制劇で試合の主導権を握る。

1回の表、東亜学園は1番布施和大(2年)が右前安打。すかさず2番苫篠 諒太(2年)が犠打で送り、3番蓑原健太(2年)があわやセンターへフェンス直撃の二塁打で1点を先制し、4番田中憲人(2年)もセンターの頭を超える二塁打で1点を追加。更に2回の表にも二死一、二塁から苫篠の遊内野安打。悪送球もあり、二塁走者は生還し、3対0。2回の裏、東海大高輪台は9番川内翼(1年)の三塁打で1点を返すが、東亜学園は3回に8番藤井の適時打、5回には4番田中の適時打、5番梅木拓仁(2年)の適時打で6対1。ここで東海大高輪台の先発・佐藤 洋叡(1年)は降板。二番手に井上凌太(2年)を送る。5回まで6対2とリードし、完全に試合は東亜学園ペースとなった。

6回の表には4番田中が4安打目となるソロホームラン。これで田中は4打数4安打の活躍。
田中は「前で捌くことを意識した打撃が出来た」と自分がイメージする打撃を体現できたと振り返る。173センチ77キロと上背はないが、がっしりとした体格から力強いスイングを見せる打者。高校通算9本目の本塁打は東海大高輪台の反撃の意欲をかき消すのに十分な一発になった。