2011年04月10日 明治神宮第二球場

国学院久我山vs東亜学園

2011年春の大会 春季東京都高等学校野球大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

関橋淳(国学院久我山)

淡々と猛打を見せる国学院久我山

選抜出場を果たした國學院久我山と実力派の東亜学園の対決だ。
この試合は國學院久我山が淡々と持ち味の猛打を発揮した。

國學院久我山の先発は関橋。関橋はコントロール重視の投球で三者凡退に切る上々のスタートを切る。これで攻撃のリズムに乗ることができる。
一番集貝がレフトへ鋭い当たりを放った。一番らしい積極果敢なスイング。鋭いレフトフライを放った。このレフトフライにチームに勢いをもたらす予感をさせてくれた。ツーアウトとなって3番松田がストレートを捉えて右中間を破るツーベース。4番木村のライト線を破るツーベースで1点を先制する。
そして4回の裏、7番李が高めに入ったストレートを捉えてレフトスタンドへ飛び込むツーランホームランを放ち、3対0。
そして5回の裏にはここまで好投の関橋が高めのストレートを捉えて右中間に持ち込むホームランで4対0にする。

関橋は6,8回に1点ずつ取られたが、終始、安定した投球を披露。9回をきっちりと抑えゲームセット。國學院久我山東亜学園を下してベスト8に進出した。

 選抜では九州学院の大塚から7得点を奪い、持ち味の打撃を披露した國學院久我山。間近で見ると他校に比べて打力が違うことに驚かされる。ボールを狙う集中力、スイングの速さ、打球の速さが違う。攻撃は積極果敢に見える。だが彼らは力むことなく、淡々とプレーしている。ホームランになっても大喜びすることもなく、淡々に。そして守備ではリズムの良い投球を見せる関橋に乗せられて、安定した守備を披露。
打撃型チームにありがちな浮き足立ったプレーを見せることもなく、落ち着いた試合運びを見せており、安定した強さを感じる。
甲子園を経験したことで一皮むけたように感じる。安定した試合運びを継続していき、エース川口 貴都が春よりも成長を感じさせることができれば、日大三を脅かす存在になることは間違いない。

【次のページ】 国学院久我山vs東亜学園(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大相模vs近江や明石商vs花咲徳栄など激戦が続いた2回戦16試合のダイジェスト! 【ニュース - コラム】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
ベスト8をかけ東海大相模ら8校が激突する大会10日目4試合のみどころ 【ニュース - コラム】
敦賀気比vs國學院久我山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第956回 星稜が登場!また明徳義塾vs智辯和歌山、津田学園vs履正社など注目カードも続出!8日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
國學院久我山vs前橋育英【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第952回 優勝候補・智辯和歌山、試合巧者・明徳義塾が登場!大会3日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第17回 國學院大學久我山高等学校(西東京)【28年ぶり3回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
國學院久我山vs創価【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
國學院久我山vs東海大菅生【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
國學院久我山vs創価【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第975回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第943回 ベスト4の壁を乗り越え、甲子園まで登り詰める!攻守の柱・宮崎恭輔(國學院久我山) 【2019年インタビュー】
第856回 キューバ打線に自責点0の快投!細野晴希(東亜学園)を急成長させた繊細な感覚と観察力 【2018年インタビュー】
第849回 潜在能力を発揮させるため 自信と落ち着きある投手に! 野﨑師(都立小平西) 【2018年インタビュー】
第846回 日鶴撃破の立役者・野﨑師(都立小平西) 強豪校と渡り合えるまでになった進化の過程 【2018年インタビュー】
國學院久我山 【高校別データ】
東亜学園 【高校別データ】
春季東京都大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る