関橋淳(国学院久我山)

淡々と猛打を見せる国学院久我山

選抜出場を果たした國學院久我山と実力派の東亜学園の対決だ。
この試合は國學院久我山が淡々と持ち味の猛打を発揮した。

國學院久我山の先発は関橋。関橋はコントロール重視の投球で三者凡退に切る上々のスタートを切る。これで攻撃のリズムに乗ることができる。
一番集貝がレフトへ鋭い当たりを放った。一番らしい積極果敢なスイング。鋭いレフトフライを放った。このレフトフライにチームに勢いをもたらす予感をさせてくれた。ツーアウトとなって3番松田がストレートを捉えて右中間を破るツーベース。4番木村のライト線を破るツーベースで1点を先制する。
そして4回の裏、7番李が高めに入ったストレートを捉えてレフトスタンドへ飛び込むツーランホームランを放ち、3対0。
そして5回の裏にはここまで好投の関橋が高めのストレートを捉えて右中間に持ち込むホームランで4対0にする。

関橋は6,8回に1点ずつ取られたが、終始、安定した投球を披露。9回をきっちりと抑えゲームセット。國學院久我山東亜学園を下してベスト8に進出した。

 選抜では九州学院の大塚から7得点を奪い、持ち味の打撃を披露した國學院久我山。間近で見ると他校に比べて打力が違うことに驚かされる。ボールを狙う集中力、スイングの速さ、打球の速さが違う。攻撃は積極果敢に見える。だが彼らは力むことなく、淡々とプレーしている。ホームランになっても大喜びすることもなく、淡々に。そして守備ではリズムの良い投球を見せる関橋に乗せられて、安定した守備を披露。
打撃型チームにありがちな浮き足立ったプレーを見せることもなく、落ち着いた試合運びを見せており、安定した強さを感じる。
甲子園を経験したことで一皮むけたように感じる。安定した試合運びを継続していき、エース川口 貴都が春よりも成長を感じさせることができれば、日大三を脅かす存在になることは間違いない。