2011年04月09日 明治神宮第二球場

二松学舎大付vs都立片倉

2011年春の大会 春季東京都高等学校野球大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鈴木誠也(二松学舎)

二転三転の展開、最後は二松学舎が逃げ切るが両チームに成果

この日の天気予報は元々、ありま芳しくなかったが、2~3回頃からしょぼしょぼと小雨が降り始めて人工芝を濡らしはじめた。
予想以上に気温も低く、雨も冷たくコンディションは決して良くなかった。そんな中でも、1点を争う試合は十分に見ごたえがあった。

 昨秋の都大会でも対戦している両校だが、その時は二松学舎大附鈴木 誠也投手が都立片倉打線を1安打に抑えて、7回コールドゲームで快勝している。その負けをバネにして、「打てなくては勝ちにはつながらない」という意識で、この冬にはティバッティングを中心に、徹底して打撃強化を目指した都立片倉
そして、組み合わせが決まった段階から、「秋、完璧に抑えられた二松学舎大附に何とかリベンジしたい」という思いが強くなっていたという。その気持ちが、昨秋ベスト4の都立昭和に快勝につながり、この日の試合となった。

そんな都立片倉に対して、二松学舎大附の市原勝人監督は、「相手はひと冬越して、確実に成長してきているはずだから、秋と同じ気持ちでいたら危ない」という危機感は持っていたというが、その予感が当たってしまったかのように、初回の都立片倉は見事だった。2死走者なしから、沖辺君が中前打で出ると、中島君はカウント3―1から鈴木誠君がやや安易にストライクを取りに来たところを叩いて右中間へ運ぶ2ランで先制。昨秋はまったく打てなかった相手に対して、初回で得点して勢いづいた。

 それでも、二松学舎もその裏、1死からの遠田君のバント安打を含む3連打などで1点を返した。そして、3回にも1死から遠田(おんだ)君のバント安打と四球、重盗で二三塁とすると、四番今井健裕君が右前へ2点タイムリー打して逆転した。
 しかしリードされても、都立片倉の元気は衰えなかった。6回、周藤大君、沖辺君の連打で一二塁として、内野ゴロで1死二三塁。ここで、五番小林章君が右中間を破って二者を返し、再逆転した。やや、高めに浮いた感じもあった鈴木誠君のストレートだったが、小林君はフルカウントから思い切って振っていっていた。こうした思い切りのよさは、やはり、「冬の間に自分たちはしっかりとやるべきことはやってきたのだ」という自信があるからであろう。

【次のページ】 二松学舎大付vs都立片倉(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
東都三部から出直しする東農大。今年は全学年に逸材揃う 【ニュース - 高校野球関連】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第6回 秋季都大会最大のジャイアントキリング 潜在能力高い二松学舎大附を破った明大中野八王子【東京の高校野球】
明大中野八王子vs二松学舎大附【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
佼成学園vs都立片倉【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
二松学舎大附vs都立昭和【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立片倉vs淑徳巣鴨【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立片倉vs高崎商【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第937回 野球センスと思考力の高さを秘めた東京都屈指のアスリートプレーヤー柳本康希(都立片倉) 【2019年インタビュー】
第858回 意識付けの変化が同点打を生む!第5戦は本領発揮だ!野村 昇大郎(二松学舎大附) 【2018年インタビュー】
第802回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】 【2018年インタビュー】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第476回 二松学舎大学附属高等学校 永井 敦士選手「潜在能力は鈴木 誠也級!?最終学年は勝負強い4番を目指す」 【2016年インタビュー】
都立片倉 【高校別データ】
二松学舎大附 【高校別データ】
春季東京都大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る