エース竹舛(東亜学園)

東亜学園完勝!2回戦へ

東亜学園は四球やエラーも含めてすべての回で先頭バッターが出塁。下位からも打線も繋がっり7回コールドで東京都市大を下した。

試合は、2回裏に東亜学園が8番梅木の適時打で1点を先制、3回には4番芳賀の犠飛、4回には6番小林のライト越3塁打、7番吉田ライト前安打の2連打で各回1点ずつ追加した。

さらに5回には4番芳賀の2ラン、6回には2死1、2塁から5番佐藤、6番小林の連続適時打で2点とさらに得点を重ねた。6回が終わって7対0とコールドに間近に迫った。

あと1点でコールド負けとなってしまう東京都市大付は7回表に意地の1点をもぎ取る。3番田島がセンター前安打で出塁。死球、送りバントと続いて3塁に進むと、6番山口の犠飛で1点を帰した。

その裏、東京都市大付は1死1、3塁のピンチを作る。あと1点を失うとコールド負けの場面で取った作戦は、1番紙田を四球で送る満塁策。しかし迎えた2番林がライト前適時打を放ち8対1と7回コールドゲームとなった。

東亜学園のエース・竹桝は6奪三振、被安打5と好投を見せた。

東亜学園は7日、江戸川区球場にて八王子実践と対戦する。

(文=高校野球情報.com編集部)