2010年10月15日 江戸川区球場

日大二vs二松学舎大付

2010年秋の大会 秋季東京都本大会 3回戦

一覧へ戻る

日大二・竹内君は工夫の投球が光った

ミラクル日大二、本領発揮で二松学舎の好投手粉砕

 飛び抜けた選手がいるわけではないのに、毎年必ずと言っていいくらいに上位に残っている日大二。昨夏は決勝進出、一昨年夏も4強だった。

そして、この秋も評判の好投手二松学舎大附の鈴木誠也君に抑えられながらも攻略して、投げては竹内君が完封。気がついたらベスト8に進出を果たしていた。

ミラクル日大二は試合を重ねていけばいくほど不思議な力を発揮していくチームである。
東京都の関係者はそんな日大二のことを“田中吉樹マジック”と称する人もいるくらいだが、苦しい時に走者を牽制で刺したり、打ちとられたと思ったところで相手エラーを誘発したり。

田中監督自身も、「ウチは毎年そうなんですけれども、勝たせて貰って申し訳ありませんと、謝らなくてはいけないような試合ばかりなんですよ」と、恐縮しているが、それこそがまさに日大二のミラクルさともいえるものなのだ。

 ストレートは140㎞/hを越えることもあるという二松学舎大附の鈴木誠君と、大きくタテに曲がるスライダーとカーブという二種類の変化球を巧みに使い分ける日大二の竹内君の投げ合いとなった試合。
まさに、剛と柔の投手戦という感じになったが、竹内君は最初スライダー中心の構成を途中からストレート中心に変更。さらに、ストレートを狙われだしたと思ったらまたスライダーメインに切り替えると、巧みに投球構成を組み替えていた。
これは、熊井捕手の試合をしながら感じていく中で組み替えていくという「データ+選手の感性」という。これこそがまさに、二高野球の神髄といえるものなのかもしれない。
試合前に、「一応秘策は考えて聞いたのですが、上手くハマればいいんですけれど」と言っていた田中監督だったが、結果的には攻守にそれがハマった形になった。

[PR]合格する大学受験計画 (知的生きかた文庫)